すみません、在庫切れました。※助成金の報酬について

横須賀輝尚です。今日はお詫びと追加報告です。

1.高難度助成金業務導入ハンドブックについて

すみません、予想を遥かに超える注文を頂いてしまい、在庫が切れました。。すぐに増刷をかけてはいるのですが、数日配送が遅れるかと思います。

少し見込みが甘かったです。注文自体はできますので、未購入の方はお早めにどうぞ。

 高難度助成金業務導入ハンドブック
 → https://goo.gl/of5BGf 
 
今日の注文で、来週半ばくらいにはお届けできるはずです。

ざっと見ていると、社労士はもとより行政書士や税理士も購入しているようで、高い理解力のある方が多くて嬉しいです。

とにかく前回以前のメルマガで書いたとおり、購入を迷う理由など、1ミリもないはずなので、お早めにどうぞ。

在庫管理についてはお詫びしますが、書籍の提供スタンスに関しては変えるつもりはありませんので、この本の趣旨がわからなければ、正直今後の実務家としての生き残りは不可能です。

 高難度助成金業務導入ハンドブック
 → https://goo.gl/of5BGf 

 ※参考記事

 「誠」ということ
 → https://goo.gl/zcSsXb

2.助成金の提携時の報酬について

新体制のLEGALMAGICでは、助成金と補助金と融資の委託が可能だとお伝えしました。

 【1周年】LEGALMAGIC特別申し込み ※限定30名
 → https://legalmagic.jp/1stanniversary

すでにこの点につき、残席を気にして即決でお申込みをされる方もいれば、細かい点を気にしていらっしゃる方もいますが、報酬についての概要ができましたので、下記に記します。

まず今回は、助成金を委託した場合の報酬について。

着手金はなし。全助成金共通で受給金額の20%。これが菰田事務所の報酬になります。クライアントにもこのように説明していただければ構いません。オーソドックスかつわかりやすい報酬体系だと思います。

そして、基本的にはすべての助成金の対応が可能です。場所も問いません。

菰田さんが福岡を基本的な拠点にしている関係で、遠い場合も可能ですか的な質問もありますが、この時代です。ネットでも電話でもどうとでもやりとりができます。

まただいぶ言葉は乱暴になりますが、正直、LEGALMAGICは価格を遥かに超えたサービス内容です。

例えば、遠方の場合、依頼できますか?
遠方の私はどうなりますか?

のようなニュアンスで質問される方、結構多いのですが、1ヶ月10万円とか30万円のサービスではないわけで、そんな慎重になる必要もないし(そもそも初月無料だし)、なによりもっと想像力を働かせてほしい。

遠方だから、どうしたら良いかというより遠方なので、こういう使い方をしたい。こんなやり方はできないか。

考えられる法律実務家なら、そういう視点で物事を考えてほしいと思います。

もちろん、サービス提供者としてわかりやすく丁寧に説明する義務みたいなものはあると思いますが、何も遠方の士業とのやりとりが前代未聞ってわけではないわけですし、あなたがどう使いたいかを考えてみてください。

最終的には疑問の余地を残さないよう、丁寧に説明していきますが、このLEGALMAGICのサービスこそ、主体的に考え、積極的に使っていただきたいものです。

補助金や融資の報酬について、あるいは助成金業務の委託についても、随時まとめていきますので、少々お待ち下さい。

質問はいつでも受け付けます。
→ media※pcjapan.co.jp
※を@に変えてください

入会に関する不安、疑問、会への要望。何でも送ってください。

 では、また来週に。

 【1周年】LEGALMAGIC特別申し込み ※限定30名
 → https://legalmagic.jp/1stanniversary

追伸

ハンドブックの売れ行きと比例して、LEGALMAGICの入会者も増えています。もしかしたら、当初の予定よりだいぶ早く募集を締め切らなければならないかもしれません。

来週前半に埋まるということはちょっと考えにくいですが、迷っている方はお早めにご決断いただいた方が無難かと思います。

 横須賀輝尚