*最適な時期で、失われてしまうもの

横須賀輝尚です。あと7日で1周年申し込みは締め切ります。

 *11/19締切【1周年】LEGALMAGIC特別申し込み
 → https://legalmagic.jp/1stanniversary

LEGALMAGICだけでなく、天才塾でも多い事前相談なのですが、こういうのが多いです。

「相応の時期が来たら入会したいのですが、それは可能ですか?」

こういうもの。会員制ビジネスを手がける運営会社であれば、当然、いまがベストですみたいなアドバイスをします。そりゃ、入会してほしいからね(苦笑)。

LEGALMAGICでも、同様の趣旨の質問や相談に関しては、まあ早いに越したことはないですよ的な回答をすることもありますが、本質的に重要なのはそこじゃないないんです。

*最適なタイミングで、消えてしまうもの

理屈はわかります。

LEGALMAGICの会費は投資だと私は考えていますし、自己投資の中では信じられないくらい破格だと思ってますが、別の見方をすれば「ランニングコスト」にも見えます。まあ、正直LEGALMAGICがランニングコストに見えるようでは、少し先が思いやられます。

辛辣に聞こえるかもしれませんけどね、でも美辞麗句であなたが気持ちよくなったとしても、結果につながらないのでは意味がないわけで。私は別に嫌われようが批判されようが、別にどうでもいいんです。(だからと言って何も感じないわけでもないですけど笑)

これをランニングコストと思うようなら、やはりその営業、経営センスを疑わざるを得ない。補助金、助成金、融資のバックアップ体制を持ってクライアントに提案ができる。顧問弁護士、社労士そして補助金、融資の顧問および相談役という根拠を持ってクライアントに提案できる。

これ、普通にこの体制をつくろうと思ったら、どんなに激安で見積もったって、月10万円はかかります。中には月数千円みたいなコンサルタントもいるのかもしれませんが、そんなコンサルタントが付いていたところで、意味はないでしょう。

表面的には見せられる。でも、肝心なときにすべて破綻します。
 
話を元に戻しましょう。最適なタイミング、という話。ランニングコストとして考えれば、例えば半年後とか1年後とかに開業を考えているとか、同じく半年後や1年後に新しい高難度業務の取り扱いを考えている、みたいなプランがあれば、入会はその時期がベストなのかもしれない。

ただ、始めようと思った時期に、体制づくりを始めるっていうのも、これはこれで矛盾なわけです。わかりやくいえば、準備を当日するようなものです。なんでもいいですよ。音楽ライブでも舞台でも、セミナーでもなんでもよいのですが、準備を「開始時」にしますかって話。普通に考えれば、ありえない話です。まあ、もちろんいまビジネスを行っている人は、最適な時期を探るってことはよくあることで、そういう時期を狙うのもひとつなんでしょう。

ただ、本質的にはそのタイミング云々よりも実は大事なことがあって、成功する人にはこれが共通しています。

それは、情熱の芽みたいなもの。

要は、やろうと思った瞬間に始めなければ、その芽は育たないということです。いつか。そのうち。ベストタイミング。もしかしたら最適なタイミングというのは、いつか来るのかもしれません。ただ、そのときに同じようなレベルの情熱の芽があるといえば、まずない。

私も顧問弁護士も、このLEGALMAGICだけでなくそれぞれの事業を持っています。それらのビジネス、始めようと思ったらつまり芽生えてきたら、即取り掛かるんです。もちろん、やり始めてから最適な時期になにか仕掛けるというのはありますが、この芽生えた瞬間に必ず手を打つ。これも長年伝えてきています。

どんなに優れたビジネスモデルも、
どんなに優れたマーケティングも、
使う人のマインドが足りていなければ、無駄になる。

だから、時期を先延ばしにするのはあなた自身の判断なので、ご自身にとって善き判断をしていただければと思いますが、場合によっては、やる気の芽を摘んでいるのは自分自身かもしれない。そういうことは理解されておいた方が良いと思います。

参考までに、LEGALMAGIC。
最近の入会者は、

 ・未開業で開業時期は先だが、
 今から入りたい。可能か?

 ・純粋に国家資格としての士業ではないのだが、
 入会可能か?

 ・これまで長年ルーティン業務しかしてこなかった。
 いまから学びたいので入会する。自分を変えたい。

みたいな感じの声が多いです。

開業前であれば、開業時期も微妙に決まっていなかったりしますが、何も考えず、ただただ定型業務をこなす作業的な士業事務所なんか、あっという間に超えますよ。

10年以上、コンサルタントをやってきました。経験的、知識的に不足している人が、準備不足のまま開業する。そういう場合は私は止めてきました。常識的に考えれば、準備不足で成功するわけがない。しかし、そんな人たちの中で、私が予想もつかないほどの結果を出す人もいる。そういった人たちに共通するのは、やはり情熱や信念、決意のようなものなんです。

それも、「並々ならぬ」。

だから、もしあなたに今、そうした情熱の芽みたいなものが芽生えていたら、それは大切にしてほしいと思います。もしかしたら、その芽は未来では手に入らないものかもしれない。だから、その芽を大切に育ててほしい。

もちろん、その育てる環境としてLEGALMAGICを選んでもらえたら嬉しく思います。我々は全力で支援する準備をして、お待ちしていますので。

 *11/19締切【1周年】LEGALMAGIC特別申し込み
 → https://legalmagic.jp/1stanniversary

 横須賀輝尚