Think more. :逆張り(2019年4月28日投稿記事)

**━━━━━━━━━━━━━━━━━━
連休すね。LEGALBACKS会員の相談は、休み中も極力お返ししますので、遠慮なくどうぞ。横須賀輝尚です。

真剣にやっている人には、真剣に応えます。そーゆーことです。

もちろん、パワーコンテンツジャパン株式会社は絶賛連休中です。11連休だって。

休み明けにちゃんとみんな出社するのか毎回心配で…なんですかね。11日も社員と会わないと、これまでやってきたことが全部夢だったんじゃないかとかそんなB級サスペンス・サイコ・スリラーみたいな妄想をしている私ですが今日も元気です。いらすとやって面白いよね。

さて。

サロンメンバーの中には、メルマガを書いている人もいるでしょう(いるかな?)。ニュースレターとかブログとか、なんでもいいんですが、文章を定期的に書いている人は、「イントロダクション」に困っている人も多いハズです。

この四谷会議の投稿のイントロダクションも、まだ定まりきってませんが、色々試行錯誤してます。投稿に飽きられたらおしまいだからね。それこそ本当にオワコンになってしまう。

そのイントロダクションですが、よくあるのがいまの状況に合わせたイントロダクションですね。「連休ですね。みなさんはどこか旅行に行きますか?私は仕事です(グスン)」みたいなヤツ。まあこれを否定するつもりはないのですが、多くの情報発信者がこの「いま」に合わせたイントロダクションを使います。

で、なぜかそのあとに自虐ネタが続くことが多い(笑)。↑の(グスン)みたいなやつ。グスンって昭和か(あ、そのうち古いこと言ったら「平成かよ」って言われるんでしょうねえ)。

まあ、こういう時事ネタ的なものは悪くないです。が、多くの人が使うのでまあそれも面白くない。そうすると「逆張り」っていうのが生まれます。連休ネタなら、普通は「旅行」「レジャー」「休暇」みたいなワードが出てくるんですが、逆に「大型連休こそ仕事をすべきだ」みたいなものですね。昔の私はこんな感じ。

ただ、この逆張りくらいは考える人はまあまあいて、そうすると結局どちらにしても埋もれてしまうんです。じゃあどうしたらいいかってことなんですが、結局のところ「読者に何を求められているか」ってこと。

例えば面白くもない近況はいいから、とにかく何か教えてほしいとか、刺激を与えてほしいとかであれば、イントロダクションなんか無視すればよくて、本題から入ればいい。

結局何が言いたいのか不明になってきましたが、普通→逆張りだけでは、まだ思考は深くないってことです。これも発信者思考なんだよね。受け手のことを考えた上で、考える。

やっぱりライティングのマガジンも発刊しようかなー。

では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。四谷会議は横須賀輝尚が考えていることの公開と実践と結果、検証、問題勃発などを一番近くで見られるところです。リアルタイムの舞台裏とでもいいましょうか。そのうえで考える力を身に付けてもらえるよう、毎日記事を投稿しています。コンセプトはGet “Think more.”です。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2019年11月現在、350名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)