全文無料公開について(2019年5月31日投稿記事)

【Think more.】

ヤクルトが14連敗中で、社員の木我(ヤクルトファン)への言葉のかけ方に悩んでいる横須賀輝尚です。野球は長い間国民的スポーツでしたが、CSに始まり個別嗜好化していったひとつのコンテンツだと思ってます。テレビ放送がなくなっても、野球は死んでない。

さて、おはようございまーす。

今日の午前中に出版部門の木崎と茂木とともにMTGする予定ですが、今後の出版戦略について。大きく分けて3つ。全文無料公開、今後の新刊、そして書籍プロデュース。この3点です。

横須賀輝尚の過去の書籍は、前回どこかの投稿で書いたとおり、リバイバルしても文庫化しても、基本的には売れません(過去の投稿は死ぬ気で探してください😂)。でも、売れなかったとしても、読みたくないということではなく、無料だったら読んでみようと思う人は結構いるんじゃないかと思ってます。

書籍はそりゃ買ってもらえればうれしいけど、売れずに読まれないくらいなら、無料でも読んでもらった方がいい。それが私のスタンスです。まあ、出版社から新刊を出すとなればまた別の話ですけど、過去の本は基本的に全部無料で出します。

「資格起業家になる!」
「ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本」
「もう、資格だけでは食べていけない」
「資格起業BIBLE」

いま考えているのは、無料するタイミングです。これまでの考えでは、

(1)書籍用の新章をつくる
(2)書籍をつくる
(3)全文無料公開
(4)書籍販売

という手順で進めようと思っていて、実は新章はもうすべての書籍でできているんです。ネットなら過去の書籍がすべて読める。書籍なら書き下ろし新章が読める。そんな感じです。今年中に順次公開と思っていたのですが、私が次々に企画をつくってしまうので、横須賀輝尚リバイバル書籍はなかなか進まず…という状況です。

で、どうしようかと思っているのですが、待つのももったいないので、これから今日のMTG結果次第ですが、もう一気に無料公開だけしてしまおうかと。そして、プレスリリースを出してしまおうかと思ってます。「法律実務家向けビジネス書作家・横須賀輝尚が過去の書籍全文無料公開」みたいな。

本はあとでつくればいいし、新章はnoteで売ればいいかなと。あとはのんびり書籍をつくっていけばいいんじゃないかと思うわけです。

サロンメンバーは、基本的には横須賀輝尚支持が多いと思いますが(アンチもいると思いますけど)、私の本、全部は持ってないでしょ?1冊も持ってなかったら、ちょっと放課後体育館の裏に来いや(#^ω^)ピキピキ ってなものですけど😂

そういうわけで、決めたら行動早いと思います。
あ、残りの2つ忘れた。

とりあえず、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。四谷会議は横須賀輝尚が考えていることの公開と実践と結果、検証、問題勃発などを一番近くで見られるところです。リアルタイムの舞台裏とでもいいましょうか。そのうえで考える力を身に付けてもらえるよう、毎日記事を投稿しています。コンセプトはGet “Think more.”です。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2019年11月現在、350名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)