(2019年6月7日投稿記事)

【Think more.】

今月分のnoteは書ききった横須賀輝尚です。といっても、全文無料公開分があるから、半分以上は編集作業ですけども。行列シリーズ、ごく普通〜と順次公開していきます。

さて。

タイミングというもの

商業出版は非常にタイミングに左右されます。私はいわゆる「波」に乗ったことも乗れなかったこともあります。で、この波は実力と関係ないんだよなぁ…というのがよくわかります。説明してみましょう。

・ブログ営業術

ブログブーム乗って2万部。当時は25歳かつ無名。書店営業とかもしたけど、基本的には何もせずバカ売れ。実力以上というのはこういうもの。

・株式会社はじめての設立&かんたん登記

3万5千部。新会社法施行に合わせて大ヒット。出版社からはしゃぶしゃぶおごってもらったわ😂 このヒット理由は、タイミングもあるんだけど、こぞってCD-ROMを書籍につけていた時代で、先んじてダウンロード書式を付け、本体価格を安くした。たぶん、このさきがけは私だと思うよ。こぞってマネされ、いまじゃスタンダード。

・もう、資格だけでは食べていけない

出版直前に東日本大震災が起き、関東東北でまったく本が売れず。慌てて大阪の紀伊国屋でワゴンセール(数百冊買い取り)でなんとか増刷に。地震が起きなければ、もっとヒットした作品だと思う。

・ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本

出版直後に版元の書籍編集部が解散😂 インデックス・コミュニケーションズの最後の書籍になってしまった。だからまったく営業もされず。数年、インデックス・コミュニケーションズのHPに「新刊」とし
ビジネス文書文例集/契約書式集/ほかの設立本なんかは、スタンダードな感じ。ただ、株式会社、合同会社、有限→株式、LLPを出したあと、版元(技術評論社)が総合版元からIT版元に路線を戻した影響で、フォローされずその後は売れず。まあ、2018年に出た合同会社の本は、いちおうリバイバルでもあるんだけど。

フリーの編集の我妻さん(「おかぼく」編集者)とも話したんだけど、「おかぼく」はこれはいま2019年に出す本だよなぁと😂 脱社畜とかしょぼい起業とか、昔の「起業」はなんというかそこまで市民権得ていなくて、いまは誰しもフリーランスになれたらなりたいと思ってるもんなぁ。

そういうわけで、タイミングってのは大事です。なかなか当てるというのは難しいんだけど、まずは下手でも狙うことかな。

では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。四谷会議は横須賀輝尚が考えていることの公開と実践と結果、検証、問題勃発などを一番近くで見られるところです。リアルタイムの舞台裏とでもいいましょうか。そのうえで考える力を身に付けてもらえるよう、毎日記事を投稿しています。コンセプトはGet “Think more.”です。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2019年11月現在、350名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)