(2019年7月7日投稿記事)

【Think more.】
ひとつひとつですが、YouTubeに投稿した動画にまたコメントが付き、とりあえずひとつひとつ「いいね」してます。これ、コメント返した方が面白いですか?(YouTubeのコメント欄で)ぜひご意見ください。つーかあった方がコメントした方としては、嬉しいですよね。やってみようかな?
さて、おはようございます。
*男同士の「楽しそう」需要
本当にここ最近の活動はYouTubeばっかりです😂 でも1つ目の動画再生数が883回を超え、いよいよ1000回が見えてきました。一圓さんの本からの流入もあり、私も久しぶりに商業出版しようと思っているので、そこを狙っていきます。Twitterに「塩と胡椒」って書きましたが、それもこのYouTubeのひとつの狙いです。
「塩と胡椒」というのは、ゲーム実況者のハンドルネームみたいなもので、「塩」という人と「胡椒」という人がふたりで実況してます。時期的にはニコニコが割と初期の人たちで、私が好きなゲーム実況者の一組です。あとはふぅとかアブとかテラゾーとか好きだった。
好きだった、というのは最初はニコニコでみなさん投稿されていて、徐々にニコニコでも有料化。YouTubeに場所を移して広告収入目当てみたいになってきて、商業的な要素を感じてしまうと(つーかそもそもゲーム実況自体が違法なのに※クリ奨は別)、なんかつまらんなーと。
特に塩と胡椒は、商業的なことは絶対しない!と断言しつつ、コミケでDVDを販売し、大炎上した経緯があり、一時期の大好きだったゲーム実況の世界はもうありません。
で、目指せ塩と胡椒というのは、彼らはふたりでゲーム実況しているんですよね(塩単体もあり)。で、別にスーパープレイをするわけでもないし(たまにミラクルは起きるけど)、すごくトーク力があるわけでもない。同じゲーム実況者でもキヨとかはトーク力も企画力もあるので、マネできねーって感じなんですが、塩と胡椒はちょっと別で。
何が違うかというと、一言で言って「楽しそう」なんですよね。なんというか、小さな頃友達とゲームをした感覚を思い出すと言うか、楽しそうなんです。
塩と胡椒は男同士なのですが、男同士の楽しさというのは結構需要があるんです。バンド然り、タレントしかり。その最上級がボーイズラブらしいですが、この楽しさを追求していくことは、私でもできるんじゃないかな、と。さらにそれが実況中継的になれば、「ブログ営業術」の実録型のノウハウが生きてくるのではないか、ということで一圓先生にお願いしているのです(横須賀単体は、間違いなく寒い)。
というわけで、そんなこと考えてます。YouTube動画のコメントへの意見、ぜひください。ブログ営業術の頃は、100%コメント返してました。
では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)