(2019年9月20日投稿記事)

【note記事】10月9日公開分 先行公開

まんが書評をのんびり書いていきます。狙いは今度書きます。新しい層に向けたアプローチと、エンタメ化、あと集合知という意味では入れなきゃね、って感じです。

*まんが書評を書くことにしました。

横須賀輝尚です。私のメルマガを10年以上読んでいる人は懐かしい記憶だと思うのですが、私は本当に小さな頃から相当ヘビーなまんが中毒者です。あ、あんまり極端に言うとボロが出るので、「普通の人よりは、結構読んできた」くらいにしておいてください。

いま、パワーコンテンツジャパン株式会社という会社を経営しているのですが、私が社長を務めるこの会社の文化に「雑談・私語奨励」というのがあって、要は関係性を深めるのには、やっぱり話すのが一番!というだけなのですが、まんがの話題も結構多くて。

そこで、最終的には「おすすめのまんが何?」という話になることが多く、まんが中毒の私からおすすめを社員に伝えることが増え、結構喜んでもらえたので、それならちょっとまとめてみるかくらいの軽い気持ちで始めたものです。なので、経営者ならこのまんがを読んでおけ!とか起業家必読!とかそういうものではありません。

まんがって、勉強しようと思って読んでも面白くないんですよ。NHK「その時歴史が動いた」も漫画版が出版されていますが、「勉強しよう」と思って読んでも、あんなの頭の中に入っていかない。もちろん、まんがという形式は理解を助けてくれます。でも、学ぼうと思ってもまあ入ってこない。「その時歴史が動いた」全巻読んでも、たぶんほとんど覚えていないと思う。

*やっぱり、まんがは楽しい。

やっぱり、まんがは楽しんで読んだ方が良い。自分が読みたい、面白そう!って思って楽しんだ方が絶対良い。もちろん、結果として勉強になることはあります。豆知識もそうだし、専門知識(特に医療まんが等)も学べるし、難しい漢字にはルビふってくれているし、絵と文字の情報量はやはり理解が早い。

そういうわけで、まんがを楽しく読みましょう。私がこれまで読んできたまんがを私なりに紹介しますよというマガジンです。アフィリエイト設定もまったくしていないので、楽しんでもらえたらと思います。

まんがの楽しみ方

最後にまんがの楽しみ方について。まんがだけじゃなく、映画とかもそうなんですけど、基本は批判的に見ないことだと私は考えてます。この設定がおかしい、物理的にうんたらかんたら…こうした冷めた見方で読むのは時間の無駄です。

彼岸島で明が丸太を軽々しく扱っても、そこは「うおーーーーすげーーーー!」と感じればいいし、ロビンマスクの鎧の落下速度の矛盾とかも「な、なるほどその手があったかーーーー!!!」と楽しめばいい。

まんがの矛盾とか「あれ?」みたいなところは、仲間うちでその矛盾を共有してそれすら楽しみにすればいいっていうのが私の考えです。

もちろん、世界観までおかしくなる矛盾や展開のずさんさとか、そういうのはまた違ってきますが、基本的には肯定的に捉えて楽しむ。これが私のまんがスタンスです。というわけで、不定期ですがまんが書評していきますので、よろしくお願いしまーす。

※記事のカバーは松井勝法先生のnote提供の画像を使用させていただきました。

https://www.youtube.com/watch?v=zlXxja-qsFk

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)