(2019年10月15日投稿記事)

【Think more.】気付かれない「コンセプト」

40近くいいねがあったので、真面目にセミナーの企画を考えだした横須賀輝尚です。ちゃんと見てる人は見てるんじゃん。連休も台風やらで大変でしたが、記事は投稿していきます。

https://www.facebook.com/groups/powercontentsjapan/permalink/2387579477963240/

最終的にLPだけじゃないんですが、LPは「コンセプト」が生み出せるかどうかでそのサバイバルが試されます。最近、パワーコンテンツジャパン株式会社ではLPの執筆代行というのをやっていて、横須賀中心に弊社コンサルタントが執筆しますとか書いてますけど、実質私が書いてます😂

速筆他筆も私の特長ですが、なんといってもコンセプトをつくらせたら天才なので、その部分がもっとも重要なところでしょう(天才って褒めとけ)。ただ、これが需要があるなら引き合いが止まらないのでしょうけど、これが必要なことに多くの士業・コンサルタントが気付けていないのが現状です。ネーミングは考えられても、コンセプトは考えられない。だからすぐ、専門を絞りたがる。もちろん、専門を絞ること自体は何も悪くなく、掘り下げまくる専門性はある種最強なのですが、そこは競争の世界です。

私は競争すること自体、嫌いじゃないですが1位になれないところで勝負するのは(ビジネスは)時間がもったいないということで、いつも自分が1位になれるポジションをつくり出すことをやってきました。行政書士では勝てないから、行政書士×マーケティングとか、「ほかとは違うんですよ」ということを追求してきて、このエリアを表現することがコンセプトだったわけです。

一時期、屋号が「横須賀経営研究所」だったことがあります。大昔。これは「起業支援」がコンセプトだったので、行政書士事務所が屋号だとそれを表現しきれず。そこで、経営研究所にし、その中に会社設立手続き、契約書作成、コンサルティング、セミナー、教材制作などが含まれる。そういう考え方だったんですね。これは自分にとっては発明だったのですが、当時なナニソレオイシイノ状態でした。まあ、いまもそうなんだろうなー。本当はこのあたりはがっつりお金をもらってコンサルティングしたりセミナーしたりする部分なのですが、たぶんその価値が通じないだろう、でもこれは伝えるべき!というのが二律背反して、C3というイベントに昇華したのだと私は考えてます。まあ、全部自作自演ですけど。

そういうわけで、春先くらいにはやろうかな。超仮説セミナー。では、仕事に戻りまーす。

https://www.youtube.com/watch?v=zlXxja-qsFk

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)