(2019年10月29日投稿記事)

【Think more.】相手のミスを確認したら… ☆☆☆☆★

コンビニくじに異常な確率で当たる横須賀輝尚です。今朝はマルちゃん山椒が香る塩そばが当たりました。当たった引換券は、社員の伊藤愛梨に付与され、これが彼女の離職率を押さえています。もちろん嘘です。さて。

商談やそこまでいかずともビジネス系(まあ、ビジネス系でなくてもいいんだけど)の待ち合わせで、相手が遅刻してきたときにどう考えるか対応するかでひとつ頭の良さがわかります。典型的にもったいないのは怒る人ですね。怒らなくてもイライラしたり、嫌味を言ったりとか、マイナスなエネルギーを発する人。まあ、気持ちはわかるが状況を良く考えた方がいい。

遅刻というのは相手のミスなので(ちなみに私は無断遅刻されるのが大っ嫌い。本当は怒ってる😂)、これは商談や打ち合わせを有利に進めるチャンスになります。遅刻直後、相手は普通謝ります(謝らないようなヤツならもう仕事しない)。そして、この直後がチャンス。遅刻→謝罪→その直後はイエスしか言えない空気になります。

すでにある程度商談がまとまってきているなら、「前回のまま進めようと思いますけど、問題ありますか?」と聞いてしまえばいい。この「問題ありますか?」という聞き方が効果てきめんで、なかなかこのミスの直後に堂々と自分の意見(特に反論)はできないものなのよ。だから、相手がミスったら、それは大きなチャンス。

ここだけの話(シェア禁止)、大昔あるウェブ系のシステムを使っていて、月額それなりにかかるものなのですが、システム会社がとんでもないミスというかエラーを起こして。社長がその日に菓子折り持って謝罪に来るレベルのエラーだったのですが、幸いエラーは大きいものの、クライアントにも自社にもダメージらしいダメージはなかったので(損害賠償とか、そういうのにはならないと判断した)、

「社長、システムやってれば、こうしたエラーも経験のうちですよ。また頑張りましょう。何か協力できることがあれば、おっしゃってください。」

と、フローラルの香りが漂うような爽やかなセリフで歓迎し(本当は怒ってた部分もあったけど)、その後そのシステム利用料は一生涯無料になりましたとさ。

私、あんまりエネルギーが怒りに転化しないタイプです。その方が賢いと思いますし、怒り狂う暇があったら自分のやりたいことをやる時間に当てた方がいい。本当に怒らなければならないときは、自分の大切なものが攻撃されたときです。それは怒れ。そのときのためにエネルギーを溜めておけって話です。謙虚に☆4つ。

では、仕事に戻りまーす。

*竹田陽一先生の講座、申し込み始めまーす。
[https://legalmagic.jp/2019lanchesterstrategy](https://legalmagic.jp/2019lanchesterstrategy)

https://www.youtube.com/watch?v=zlXxja-qsFk

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)