(2019年11月2日投稿記事)

【Think more.】いま身に付けるべき技術 ☆☆☆☆★

メンター制度の導入で助成金が受給できることよりも、政府が「メンター」という言葉を使用していることに時代の流れを感じている横須賀輝尚です。15年前は「メンター」なんて一般的じゃなかったんだぜ…昔話が多いな最近🤔未来を語ろう。

さて、Tik Tokで遊んでいるだけではありません(楽しいけど)。昨日夕方、高金と面談してまして、来年の行動計画を立てようって話になりました。世間一般で言う「1on1MTG」をパワーコンテンツジャパン株式会社ではもう10年くらい前から取り入れてまして、とにかく雑談私語奨励な会社なもんですから、最初の目的を忘れて面談の会話は逸れていきます。これがうちのデファクト・スタンダード。

どうやったら会員の成果が上がるかというのを真面目に考えてまして、もちろんすべてのコンテンツ、コンサルティングが必ず成果につながるとは断言できないのですが、力を入れるベクトルは間違えてはいけないと考えてまして、いま一番伝えるべきコンテンツは何なのかな、と。

あれこれ高金と話してましたら、木我の意見も聞きたくなって呼んできて話して(このパターン多い。逆も多い)、やっぱり直接的にコンサルティングすることと、文章だろうな、と。コンテンツというものは便利なのですが、コンテンツの悪いところを見ると、情報媒体であることは否めず、行動するかどうかは本人次第になってしまいます。でも、リスティング広告の設定とか実際のLPの文章を書けるかどうかというとまたそれは次のフェーズになってくるわけで。

であれば、直接的にコンサルティング(と実作業)をできる場をつくることがまずひとつ。そして、あとは文章だよ文章。来年、久しぶりに私が出て文章の講座(プロジェクト)をやろうかなと考えております。結局、文章を書ける人が最強なのではないかとやっぱり思うんです。ただ、文章技術の話じゃなくて、私が得意なのは「文章でマネタイズする」ことなんです。文章技術は普通(でも褒めてもいいんだよ!)。まあ、速筆多筆は長所ではありますが、文章を通じてお金を稼ぐことが真骨頂なんです。

というわけで、文章を通じてマネタイズする方法というコンセプトでプロジェクト型の講座を来年早々にでもやろうかと思うんですが、どう思います?基本的な文章技術から、文章を通じてマネタイズする構造解説、ステップメールの考え方書き方、SNS上の文章表現とブランディング、メルマガとそのほか媒体特性の話、LPの書き方、コンセプトの生み出し方などなど。一生お金に困らない文章マネタイズ法です。上位コースを設けて、その場合は私があなたのLPを執筆して、どうしてそういう文章になったのか、全部解説するとかいいかもしれないとか考えてます。

このプロジェクトが気になる、興味ある、知りたい、受講したい、方法が知りたい、など思われましたら、いいね!押してください!というか、普段の「いいね!」も記事の方向性についての指針にしているので、良いと思ったらいいね押してくださいね!まじで!

では、仕事に戻りまーす。

https://www.youtube.com/watch?v=zlXxja-qsFk

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)