(2019年12月2日投稿記事)

【Think more.】2030年の不安は? ☆☆☆☆☆
「はじまりはいつも雨」がテーマソングの雨男、横須賀輝尚です。雨は忌み嫌われるものですが、そんな雨なら私くらい愛してあげたい。「はじまりはいつも雨」はそんな雨男の歌です。大嘘です。

さて、いよいよ12月に入り、一気に年末ムードですが、毎月このくらい「年内にまで!」みたいなモードになれる人の方が圧倒的に強いです。年末進行って本当に昔から変わらないですね、「年内には」みたいな納期の設定。

さてさて、(仮)預言の書へのコメントありがとうございます。もっと遠慮なく書いてください。全部拾います。自分が考えているスケールと全く違ったりして、自分が勉強になってます、ありがとうございます🥺

大きなスケールで考えていくと、少子高齢化というのはどうしても外せないテーマです。2040年とか2050年になったら、「今日若い人見たんじゃよ!」「マジで?!それは貴重じゃ!」みたいな会話が成り立ちます。日本のいまの平均年齢は46歳くらい。本当に若くない国なんです。そうすると、考え方としては、この内需の中でどうビジネスを成立させていくかがひとつ。日本を飛び出るのもひとつ。最後は日本を変えて外需グローバルにする、この3つです。最後のは政治家の役割だと思いますが、本来この日本という立地は、内需ではなく外需に目を向けるべきなのですが、なかなかどうも理解はされていきません。

私はこの国を捨てるってことはしないつもりです。なので、内需で考えていく必要があります。そうすると、少子高齢化の中で士業・コンサルタントとして生き残るためには、ビジネスのあり方を考え直していかなければなりません。企業で働く社員も高齢化するわけですから、40代、50代の平社員とかも当たり前になります。60歳になってやっと課長、みたいな時代も可能性としては十分あるので。

で、国家予算は足りず、税収は増え、所得は減ります。医療費は上がり続けるだろうからね。そうすると、ひとつは「国民全員起業」の時代が来るかもしんない。まあ、全員ってのはないだろうけど、「コンパクト起業」つまりはもうちょっとフリーランスで食べていこうとする人が増えるんじゃないかと。昨今、何度目かわからない起業ブームですが、そういうところもあるんじゃないかと思う。

もっとも衆愚は少子高齢化だから高齢者向けに何か…と考えることです。こんなのみんな考えます。であれば、我々は属性で考えるべきです。少子高齢化になって、高齢者が増えたときにも変わらないのは、ひとつは「将来の不安」、つまりお金でしょう。BtoCになっちゃいますが、ここにひとつヒントがあります。

まだまだ全然整理しきれてませんが、頭の中はいま2040年前後です。では、仕事に戻りまーす。

※こちらもどんどんコメント・DMください。全部拾います。
*【意見・情報募集】士業の預言の書、つくります。
https://www.facebook.com/groups/powercontentsjapan/permalink/2489553541099166/

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)