(2020年2月16日投稿記事)

【Think more.】根っこの部分はわからないけど ☆☆☆☆☆

「アレクサ、AmazonMusicでTHE BOOMの曲をかけて」とアレクサにお願いすると、「風になりたい」「島唄」「島唄」「風になりたい」とTHE BOOMのヒットソングをシャッフルでかけてくるのに草の横須賀輝尚です。

「AmazonMusicでTHE BOOMの曲をシャッフル再生します」って言ってからかけてくれるんですけど、純粋なシャッフルじゃなくて、最初は売れた曲をかけてくれているんだと思います。島唄もバージョンがいくつかあって、あとTHE BOOMはベストアルバムも結構多かったバンドなので、島唄ばかりになります。まあ好きだから何流してくれてもいいんだけど←

さてさて、最近はSNS&動画の話題ばかりですが、どうせ日曜日で大して読まれない気もするんでYouTubeのリンクとか写真とかでお茶を濁そうとも思いましたが、ちゃんと書きます。

山川浩正(ex.THEBOOM)ベースチャンネルはじめました。
https://www.youtube.com/watch?v=kN6ie31taKIプレビュー

*好きな人だけチャンネル登録してください完全に趣味です😇

人間、弱い生き物です。楽しようと思えば、いくらでも楽できます。ベースチャンネルなんかも、別にやる必要ないし、私が上達しなかったら何も面白くないので、練習しなきゃなんですけど、この忙しいのにどうやって練習の時間取るんだよwww そして、こういった活動をするからには、本業のパワーコンテンツジャパン株式会社での事業も結果を出していかなければなりません。遊んでいるだけのコンサルタントに何の魅力もない。結果を出して、さらに遊ぶからカッコいいんでしょ。まあ、ベースチャンネルは遊びなのか何なのかよくわからなくなってきてますけど😂

目下、コンサルタントとしてはライティングの講座に注力してます。サロンメンバーのほとんどは、メルマガ読者だと思うので、ライティングの講座が企画されていることはもう知っていると思いますが、もう少しで定員が埋まります(定員10名)。コンサルタントが結果を出すというのは、自分が結果を出す、自分が成長する、そしてクライアントが結果を出す、です。1年間ライティング指導するって本当に気が遠くなりそうな仕事なんですが、結果を出してもらうためにコミットするしかありません。

私のライティング理論は本当に特殊で、文章技術だけでいえば、要素は半分以下。文章以外の見えてないものを非常に重視しておりまして、それはメルマガやブログだけじゃきっと伝わらないんだろうなぁとか思ってます。

文章はあくまでも手段です。その手段を使ってどんな結果を導くか。それだけなんです。だから常に読み手視線を文章を考え、練り込んでいきます。まあ、この投稿は書いて出しなので、あんまり考えてませんけど笑

最近の動きとしては、とある著名コンサルタントに声をかけてみようかなーと考えてます。あとは家じまいアドバイザーの屋宜さんとの企画も考えなきゃね。4月には毎年恒例になってきた高金大輝のネットマーケマスターもあるし、なんだかんだやることいっぱいです🙄

「なんでそんなに忙しくするんですか?」「なんでそんなに一所懸命なんですか?」と言われても、根っこの部分はよくわかりませんw 長いこと横須賀輝尚として生きてきて、とにかく私は新しいことをやりたいの。考えたいの。表現したいの。そして、ここまで来たからには(特に士業の)世の中に良いものを残したいって思うわけです。あとは人生楽しみたいよね。

そういう意味では、自分に素直になろうってことなんだと思う。ミュージシャンも憧れのまま終わるより、少しでもそこに近づいてから人生終わりにしたい。アホだバカだと言われようとも、やって人の方がカッコいいじゃん?と結局は自分自身の世界観の話なのかなって思う。

そういえば、世界観のつくり方について、勝手に本書いて勝手にKindle Unlimitedに無料で出そうかと考えているのですが、興味あります?

では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)