(2020年3月2日投稿記事)

【Think more.】傍観者効果。 ☆☆☆☆☆

数年に1度のカレー食べたい熱に侵された横須賀輝尚です。食べればいいじゃん←

さて、今月も一圓克彦&横須賀輝尚がんばります。
https://youtu.be/T5MoGtL0Y_oプレビュー
YouTubeのタイトルは、「想像がつかない内容」「マスト項目」つまり、ウォンツよりもニーズよりもマストなんじゃないかと考えております。どうかな?

で、話は変わりまして、明日から本格的にPCJもテレワークになります。それにしてもすごいね。新型肺炎に関する助成金や補助金、融資に関する検索が増えまくってます。簡易LPつくれる人なら、いま広告出せば仕事取り放題かもね。まあ、既存顧問の対応で大変かもしれませんが、災害時=補助金、助成金、融資という頭ができていれば、1月から準備できたことなので、そのあたりは個々の士業の戦略性と先見性の違いかな。

前も書きましたし、今朝のメルマガでも書きましたけど、今回のような新型肺炎の対応(わかりやすく以下「災害対応」)は、2つに考え方を分けなければなりません。

ひとつは、事務所・会社の社員を守るということ。だから、テレワークを実施しないorその他の新型肺炎対応策を取らないということは、社員を守らない会社になってしまいます。物理的にまず社員を守る。こういう行動に出なければなりません。

もうひとつは、災害対応は内外の評価だということです。内外というのは、社員とクライアント(と見込み客)。社員を守らないような災害対応をすれば、社員の離職が高まります。そして、同じく災害対応を待ちがれば、クライアントの評価も下がります。私たちは、こんな対応をしているんですよーというのをきちんと伝えなければなりません。

だから、他人事じゃないんです。こうした大きなことが起きるとき、自分のこととなかなか思えません。これに加えて傍観者効果というのがあり(https://togetter.com/li/1320561)、なかなか自分ごとに思えないもんなんです。こういうことに取り組んでいるおれスゲーとか、そういうことではなくて、誰しもやらなければならないことなんですよ、ということ。気づきましょ。

では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)