(2020年3月19日投稿記事)

【Think more.】圧巻、小堺桂悦郎。☆☆☆☆☆
自分が小さい頃に読んでいた漫画を社員にあげたのですが、書き込みがしてあったと報告があって草というか赤面な横須賀輝尚です。漫画っ子だったのですが、吹き出しを足したり、登場人物を増やしたりしていたんですよね…何がしたかったのでしょうか←

さて、昨日は重鎮でレジェンドでカリスマでマエストロで表現方法のボキャブラリーが世界に存在しない小堺さんと対談を収録しました(ここまで書くと逆にふざけているように見えますが、昨日は本当に参った)🤣

これは士業なら絶対に知らなければならない情報ばかりです。世の中に流れる情報は、「とにかくお金を借りろ!急げ!」ですが、小堺さんによれば「いま、借りにいってはいけない業種がある」とのことで、その理由を聞いたらなるほどさすがしか言えない。というか、もっと小堺さんの凄さを表現したいのですが、今日だけでもボキャブラリーの神様が憑依してくれないものだろうか。ボキャブラリーの神様?←

信用保証制度の基本から、今回の4号5号融資、危機関連保証。そして、どこの金融機関に行けばいいか、金額はいくらが妥当かなど、どこいっても手に入らねえよ…こんな情報。そういうわけで、こちらは緊急編集をお願いし、会員に公開します。

今回、2月下旬から空気が一気に変わりました。株価が一気に下がった時、これは小堺桂悦郎しかいないと思って、すぐに連絡(敬称がないのは、それだけブランド人ってことね)。時期同じくして、もうこれは小堺さんのFacebookに書いてあるから書いてもいいと思うけど、神田昌典さん、長倉顕太さんからも小堺さんにオファーが来たんだとか。考えていることが同じ過ぎで草です。

このスピード感は、やっぱり同じなんだなぁと思って、小堺さんからいただいたスケジュールの中で、もっとも早い日程を押さえていただき、早速収録。タイミングってものはあるものです。

今後の見通しについても、対談の中では言及。東京オリンピック開催について、どう考えれば融資が通るのか。いま、強行して開催しようとしていますが、世界からは大批判です。選手からも。というか、外国人選手はこれないんじゃないかなーと考えると不開催も現実味を増してきていて、それでも融資上はこう考えて申請すべきだってのがあるそうです。

いずれにせよ、状況が変わり次第、また小堺先生には対談をお願いしようと考えてます。さあ、士業はいまやるべきだよ!逆に考えれば、いまは融資バブルなんだから、初学者ほど取り組みやすい。

まだまだ私の取り組みも続きます。
では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)