(2020年3月23日投稿記事)

【Think more.】ほぼ決定でしょ、これ。☆☆☆☆☆

バーチャル東京オリンピックの話を書いていたら、バーレーンF1がバーチャル開催が決定しているのを知って草の横須賀輝尚です←じゃあ、ガチでバーチャル開催ありなんじゃん、まあベットできるかどうかはさておきですけど。

Formula 1 launches Virtual Grand Prix Series to replace postponed races
https://www.formula1.com/en/latest/article.formula-1-launches-virtual-grand-prix-series-to-replace-postponed-races.1znLAbPzBbCQPj1IDMeiOi.html

さて、表立っては書けないですけど、まあほぼ東京オリンピックは延期でしょう。他国だとおそらくカナダが勇気ある挙手って感じなんでしょうけど。総理も都知事も明言はできていませんが、ほぼほぼ容認という流れでしょうね。

カナダは東京五輪パラに選手派遣せず
https://news.livedoor.com/article/detail/18005898/
安倍首相、東京五輪延期を容認=「完全実施困難なら」
https://news.livedoor.com/article/detail/18005458/

小池知事も五輪延期容認の可能性示唆 IOC発表受け
https://news.livedoor.com/article/detail/18005762/

そういうわけで、経済には大きな影響出るでしょう。また別のかたちのセーフティーネットが出るかもしれない。東京オリンピック不開催によって業績が下がる業種。撮影、映像、輸送、選手村関連の不動産、航空、インバウンド需要、まさかオリンピックに関連した融資が出るとは…ってまだ出ていないですけど、打撃受ける業界は必ず出ます。

海外のコロナ影響はとどまることを知らないので、しばらくこれは続きます。さあ、日本政府としてはどのような声明を出すのか。それによってまた株価も変動するでしょう。大きく上がることはまずないかもしれませんが…

東京オリンピック延期となれば、経済回復のカンフル剤が取り上げられたかたちになります。いずれ開催すれば、そのときにはもちろん大きな経済効果があるのでしょうけど、いまは自分たちが生き残ることを考えなければなりません。顧客に融資や補助金、助成金の情報を流す、実務として依頼を受ける。これによって、よりその必要性は増してきました(まあ、まだ延期確定したわけじゃありませんけど)。

断言してもいいけど、時代の変化の渦中にいますよ、いま。お金、テレワーク、働き方の昇華、ビジネスのオンライン化のチャンスです。いまやらなきゃ取り残されますね、こりゃ。少なくとも士業事務所も、オンラインでの問い合わせ、顧客対応は最低限。事務所の働き方もテレワークへ。できるできないじゃなくて、やらないと次についていくのがかなり難しくなるんじゃないかと。

一気にIT化、オンライン化は進みます。なんというか、このタイミングで5Gが控えているのもなんだか象徴的というか、意味があったことなのかもしれませんね。

では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)