(2020年3月28日投稿記事)

【Think more.】幸福度を高める要因。☆☆☆☆☆

まだどうぶつの森の魅力がわからない横須賀輝尚です。昨日は島の名前を考えるのに1時間以上かかり、まったく進んでません←

昨日は、久々に社員が全員出社してました。あれ、うちの会社こんなに人いたっけ?← 出社を強制したわけではなく、それぞれが自ら出社したのですが、都の要請を受け、来週以降はより在宅勤務の色を濃くしようかと考え、出社しないとできないことは昨日のうちにやってしまおうということです。

テレワーク中心の勤務にして、はや1ヶ月。思ったよりもスムーズに進み、もはやこれでいいんじゃないかとなっています笑 もちろん、メリット・デメリットあるのですが、概ねこの方向は維持したい。というか、昨日デザイナーの道岡との話でいまさら気づいたのですが、通勤がないとどこに住んでもいいってことがわかりました。

普通、住居というのは通勤を考えて決定します。住環境の良さを取るのか、通勤時間の短縮か…などなど考慮し、妥協点を決めるわけですが、たとえば通勤が月1回しかないなら、正直片道2時間以上かかる場所でも大丈夫になります。月1回しかないからね。極端な話、札幌に住んでても那覇に住んでても大丈夫ということになります。まあ、月1回出社の交通費が半端ないですが。

あ、そうそう、PCJでは3ヶ月に1回確定定期個別面談というがあるのですが(要は3ヶ月に1回は必ず1on1MTGをするってこと)、それもあって昨日は全員出社していたんだった。主にテレワークについての面談でした。物理的な面とメンタル的な面についてそれぞれの社員と面談。やっぱり個人差があります。

このあたりはどこかでまたまとめておきたいですが、毎日来たい人、時々来たい人、出社は最小限でいい人、バラバラです。重要なのはテレワークが良いとかそういうことではなく、「働く場所を選べる」ってことにあると感じています。

「フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか」でも触れられてますが、「選んでいる」という感覚は幸福度を高めるようです。これは超訳書評で取り上げます。

そういうわけで、PCJはこのコロナ騒動を良いきっかけとして、働き方改革をより推進させ、働き方革命まで持っていくつもりです。目指すは1日5時間15分労働です。これで十分です。

では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)