(2020年3月29日投稿記事)

【Think more.】さあ、いこーか。☆☆☆☆☆

コロナ騒動そのものより、コロナ騒動について無責任な情報発信を続ける人に苛立ちを隠せない横須賀輝尚です。普段あんまり怒らないし、イライラしないし、アンガーマネジメント界のエースと呼ばれていますが(適当)、正直これだけ他人のことでやきもきするのも珍しいです。

まず、ここまできたら楽観論は捨てるべきです。ある著名人が自粛し過ぎとか言ってましたが、結局のところ感染は広がっているわけで、ここで歯止めをかけないと本当に悲惨なことになる可能性があります。イタリアなんか、感染者の10人に1人が亡くなっているわけで。だから、「自分だけは大丈夫」という概念を捨て、自己防衛、家族防衛、会社防衛、社員防衛をする。

そして、信頼できる情報のみ見る。私が知っている限りでは、本当に信用できる情報を出しているのは、LEGALMAGICで提携していただいている弁護士の森さん(OneAsialawyers)か、外需グローバル研究所の木島さんくらい。日本の法律では、罰則を伴った外出禁止とかはできません。本当に封鎖されることはなく、要請レベルでしか実現されない(交通機関の停止とかは可能性としてはある)。こうした正しい情報を出してくれる人がいる一方で、テキトーな情報を出している人がいる。メディアも。

やることは、自己防衛と自分のビジネスをいまの環境を考慮した上で維持すること、クライアントに貢献すること。これだけです。私はもう二次情報を追うのはやめました。Twitterではできる限りコロナ情報はツイートしません。ある程度の個人的予測はしますが、あくまでも私の予測なので、一次情報を正しく追うことをメインにしてください。

緊急事態宣言をしても、大した強制にはならないので、ビジネスを回すことはできます。だからこそ、どんな行動を選択するのか、評価されるといっていい。ある人が、今回の新型コロナウイルス感染症騒動は、大いなるバカ発見器のような言い方をしていましたが、そんな気がします。

私見ですが、緊急事態宣言が出るとしたら、4月以降になるはずです。3月中に出すと3月決算の会社に大きな影響が出るのと、年度をまたいでしまうので、いろいろ面倒になるのが理由です。ただこれも私の想像でしかないので、やはり一次情報を大切にしてください。

いま、この状況で会社としては大きな働き方改革に取り組んでます。まあ、うちの場合「働き方改革」はそれが叫ばれる前からもう改革は終わっているので、働き方革命くらいです。ダサいのでこの名称は使いませんが、不要な情報に惑わされることなく、この機会をチャンスと考え、前向きに取り組んでいくつもりです。

では、仕事に戻りまーす。

超訳書評、今夜19:00にいよいよ本編公開です。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)