(2020年3月30日投稿記事)

【Think more.】7つの行動指針。☆☆☆☆☆
どうぶつの森で釣りばかりしている横須賀輝尚です← いまいちまだ面白さがわからないのですが、とりあえず続けてみます。こちらと同じように時間が過ぎていくんですね、このゲーム。異世界でも私は働いてそうです。死ぬまで←

しばらく、セミナーはzoomで実施しようかと考えています。とりあえず有料プランに申し込み、逃げられない体制にしましたが、もっと早く使ってりゃよかったとそのスペックに驚くばかりです(アホなの?)🥺

オンラインでできること、本当にたくさんあります。面談、コンサルティング、セミナー。できるだけ動かずにビジネスを成立させるのが、ひとつ今後の課題になるでしょう。うちも率先してやっていこうと思います。とりあえずテストでつないで見るという意味で、今日どこかでzoomでこの四谷会議限定でやってみようかと。30分程度のオンラインセミナー(までいかない雑談になると思いますが)をとりあえず実施します。13:00-14:00にやってみようと思います。Facebookの動画LIVEでもできるんですが、とりあえずzoomをつかってみたいので、ただそれだけです笑

トピック的にも、コロナ自体のパワーは下がってきています。だからこそ、感染拡大には真剣にならなきゃなんですが、いまできることをやりましょう、というのは変わらないです。今朝のメルマガで書いたこと、いますべきことのまとめになっていますので、こちらにも掲載しておきますね。

1.情報の整理整頓、顧客への提供
経済産業省、厚生労働省などの一次情報を中心に、情報の整理整頓と顧客への提供。これは士業として絶対にすべきことです。

やってはならないのが、根拠のない二次情報や憶測、出自不明のブログ、記事、ニュースなどをそのまま煽るかのように伝えること。正しい情報を伝えてください。

2.自社のオンライン化
在宅勤務体制、クライアントとの遠隔面談、メルマガ、ブログ、SNSなどオンライン化できることには今すぐ取り組む。

コンサルティングも、オンラインでできます。そのためにも、オンライン化は必須でしょう。これは自己防衛でもあり、他人に迷惑をかけない意味もあります。

そして、今後これを機にオンライン化は一気に進みますので、未来への投資としても、いま取り組んでおきたいものです。

3.マーケティング計画の見直し
セミナーや研修事業が中心の事務所は、マーケティングの見直しが必要になります。少人数のセミナー。開催できます。でも、いまやることは得策ではありません。

ランディングページとリスティング広告。マーケティングの自動化に取り組むべきです。原稿を書く、広告を設定するなどは、外出不要で可能です。

コロナ騒動になっても、仕事は発生しています。どうしても必要な手続きや申告はあります。いまはアナログ営業の手を止め、マーケティングもオンライン、それもある程度あなたの手を離れて自動化する仕組みをいまこそ構築するときです。

4.動画マーケティングへの取り組み
細かいところまでは解説しきれませんが、YouTubeを始めとした動画へのアクセスは世界中で増えています。

人の前で話せなければ、カメラの前で話す。あなたの情報を必要としている人に、動画で情報を提供しましょう。

YouTubeそのもので収益化するのはいまは極めて困難です。しかし、マネタイズする場所を変えればいい。

・コンサルティングを依頼したいと思える人が、
どのような情報提供をしていたら、依頼したいと思うか
・相談したいと思える士業、コンサルタントは
どのような動画を投稿しているか

一所懸命考えてみてください。私自身は、一圓克彦さんとのYouTubeのほか、2つのYouTubeチャンネルに力を入れていきます。

横須賀輝尚の稼げる資格学
https://bit.ly/2xuPpaO

超訳書評
https://bit.ly/39ppb6H

半分は自己鍛錬です。アナログな展開ができない以上、
オンラインでできるマーケティングを展開します。オンラインサロンも同じです。

*四谷会議(Facebookグループ474名) ※無料参加可能
https://www.facebook.com/groups/powercontentsjapan/
→毎日書き下ろしの記事が読めます。完全無料

ここに記事を集中して投稿しています。今後の士業、コンサルタントが生き残るための情報はここで提供していきます。これもオンラインでできる取り組みのひとつです。

5.「考える」時間を持つ
いまはこれが最も重要かもしれません。以前と同じような営業、経営はできないわけですから、オンライン化も含み、今後どのような事務所を目指すのか、一度丁寧に考える時間を取ってください。

あなたは、どうなりたいのか?

考えているようで、考えていないことです。方向性、とでもいえばわかりやすいかもしれませんが、最終的にどういう人材になるのか。どのような知識に長けているのか。どの分野で確立したポジションを築くのか。
考える時間、いまこそ重要です。

6.自己鍛錬
YouTubeの超訳書評は、もちろんいずれどこかでマネタイズしたいとは考えていますが、半分以上は自己鍛錬です。知識を得る。考える。そういう時間を改めて取ります。
これは、あなたにも言えることで、再度、どの分野の超一流を目指すのかを考え、自己鍛錬の時間にする。

ベストは、インプットとアウトプットを同時に行うこと。そういう意味でも私はYouTubeチャンネルを開設しました。
別に動画じゃなくてもいい。ブログでも何でもいいのです。本当に必要な人材にならなければ、今後生き残ることはより難しくなります。

勉強は面倒です。変わることは億劫です。でも、それをやった人だけ生き残る。未来は私たちが考えている以上にシビアです。周りが停滞しているからこそ、チャンスになります。

7.自社の資金繰り
ここ2、3週間が感染拡大のヤマだと言われています。いまは士業事務所として維持できていても、将来はわかりません。
自己防衛としての、自社の資金繰り。これも忘れてはならないことです。そして最後に、あなたが不安ならば、私が手を貸します。

*ダブル会員募集受け付け ※3月31日まで

202003W会員募集

Skype相談も復活させました。
※zoomにするかもしれませんが

力強く、この時代を生き残るために、私は自分にできることに全力です。あなたが信じてくれるなら、私は絶対にあなたを勝たせます。

ともに頑張りましょう。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)