(2020年4月15日投稿記事)

【Think more.】SNSアポという時代。☆☆☆☆☆

テレワークにして時短勤務にして効率化を図ったら結構ヒマになってきた横須賀輝尚です。それでも1日5,000文字〜10,000文字の原稿は書いてます。昼間からシャンパンでもあけたろか←🤔(あけません)
ちなみに時短は一時的なものではなく、長期的なものです。パワーコンテンツジャパン株式会社の勤務時間はこれで1日7時間。5時間15分勤務を最終的に目指します。4時に終わる会社を目指したい。
さて、本日13:30まで受け付けてます。小堺さんのコロナ不況資金繰りZoom生配信セミナー。私はアシスタントを務めます。こきつかってください🤭
*コロナ不況資金繰り最前線オンラインセミナー
・日にち:4月15日(水)
・時間:14:00-15:30(チャット質疑応答+30分)
・費用:10,000円(税抜)
・講師:小堺桂悦郎氏
・形式:Zoomによるオンラインセミナー
・お申し込み:

コロナ不況資金繰り最前線オンラインセミナー


これから、私が出すコンテンツは基本的に細切れの濃縮された情報を数多く、というスタンスでいこうと考えています。尖ったコンテンツを。もちろん、長時間の講座とかを否定するわけではないのですが、この忙しい世の中、やはり30分-45分くらいの動画でコンパクトにまとまっていた方がいい。10時間も20時間もの薄められたコンテンツを渡されても困るって感じ。私自身がそう感じます。
LEGALBACKSでは、4月17日に「未来の相続・遺言業務」をZoomオンラインセミナーで。その後も、考えているテーマとしては「不況時代のマーケティングの考え方」「オンライン体制の整え方」なんてのを考えてます。月1-2回をメドに、定期というよりは、必要な情報を必要なときにというのが、いまっぽい考え方かな、と思ってます。受講したい人は、伊藤愛梨あてにDMください。
伊藤愛梨
https://www.facebook.com/profile.php?id=100030126964965
この四谷会議の情報もそうだし、LEGALMAGIC、LEGALBACKSで出す情報もそう。天才塾を始めた頃は、2時間くらいのセミナーを企画しようものなら「短すぎる」と言われたものですが、いまや「長すぎる」と。時代はやっぱり変わるんだなぁと思います。
ところで、LEGALBACKS、LEGALMAGICの会員は昨日送ったメールの音声「アフターコロナの士業の世界」ちゃんと聞いておいてくださいね。20分程度ですが、今後の世界概念について解説しているので。
いま、SNSアポというのが流行り始めているみたいです。新規の面談、できませんからね。電話したって会えるわけないし、メールDMでも会えるわけないし、SNSで直接やりとりして、Zoomか何かで話そうという魂胆です。ただ、これを受ける人ってよほどのことじゃなければ、受けないだろうねぇ、と。私のところにも友達申請毎日気ますけど、何もメッセージない人もいれば、承認してみたらドドドドドドドドドドと買え!買え!買え!みたいにメッセージしてくる人もいるしね。いわゆるギブ精神がなければ無理なんだけど、やっぱりこれまでの人脈に頼るか、オンラインマーケティングを徹底するか、どちらかなんだろうね。
さ、これからはより「考えられる人」が伸びていきます。自分なりに考えよう。戦後、焼け野原の中大企業をつくった経営者もいるんだ。いまと比べて情報のない時代は、頭を捻って考え抜いたに違いない。検索するのではなく、考える。忘れがちだけど大事だよねってことです。
では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)