(2020年5月19日投稿記事)

【Think more.】改変使用許諾権利をつけることにしました。☆☆☆☆☆

やられました東京都のアーティスト支援、1日で打ち切りです。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn…
私が今回携わっているアーティスト支援は、ひとりどうしても当日の18時に情報が間に合わなくて…さすがにこんな先着順、しかもサーバーパンク状態ならどこかで再開は1回は最低あるだろうと思っていたんですが、打ち切られました。ちくしょーどうしようかなー。私自身もプロデューサー的立場で申請しているので、私が通ればそのアーティストにその分10万円あげれば済むんですけど、私が通るかはかなり微妙だからな。。。ふむ。
まあ、しゃーない。アーティストのマネタイズ問題ってのは本当に尽きないな。本来、アーティストっていう人種はパトロンに支えられる存在なんだよね。なんとかうまーくマネタイズできないかなぁと。元THE BOOMのベーシスト山川浩正さんがYouTubeで演奏すると、CD音源と間違われるのかContent IDという人工知能に見つかって収益化無効にさせられます。本人がつくった曲なのにね。。まあ、ミュージシャンのマネタイズモデルに興味がある人は、四谷会議には少なそうなので、このくらいにしておきます。
さて、また新しい動きを見せます。今日あたり、会員には正式にメールが配信されるはずです。LEGALBACKS、LEGALMAGIC、L2会員にとんでもない発表があります(それを先行して四谷会議というのアレですけど)。
LEGALBACKSは横須賀輝尚コンテンツ。
LEGALMAGICは菰田泰隆コンテンツ。
そして、L2は小堺桂悦郎先生コンテンツ。
このコンテンツ(オンラインセミナーとか、対談トークとかね)の、改変使用許諾権利を差し上げることにしました。つまり、LEGALBACKSなら私のセミナー、内容つかってOK。MAGICなら菰田さん。L2なら小堺先生。つかってOKです。
ただ、動画やレジュメをそのまま配布とか転売とか、そういうのはもちろんNGです。あくまで自分の言葉で言い換えて。そういう意味で許諾を出します、ということです。
頭が良い人なら、察しが良い人ならわかりますよね。そう、これからはTeachableを私が広める以上(あるいは広がっていくという前提で)、コンテンツをつくれる人が勝つ世界になります。ビジネスモデルも、コンテンツありき。そうなります。そのときに大変なのが、やはりコンテンツをつくるということなんです。まあ、当たり前か。だから、会員にはコンテンツをあげちゃおうと。
会員はメールを見ておいてください。たぶん今日あたりに配信になると思います。よろしく。あと、LEGALBACKSは21日、22日2日間。夕方頃にTeachable解説講座、4コマやりますので必ず見てください。これは単発受講なしです。はじめて、Teachableを通じたビジネスモデルについて解説します。これがいま、士業向けにここまでできるの、世界でも私だけです(ほかにやる人がいないってのもあるが)。
そういうわけで、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)