(2020年5月26日投稿記事)

【Think more.】サイバーもGMOも。☆☆☆☆☆

まだ首と肩が痛い横須賀輝尚です。昨日一時的には回復したんですけど…また痛い痛い痛い😭街で見かけても後ろから呼ばないでください、振り返って確実に首折れます←
さて、緊急事態宣言が解除されました。8月に向けて経済全面解除ということで、一層の引き締めが重要です。だって海外はまだまだひどいもん。昨日話したように、東京都の解除の指標はかなり曖昧で、もう1回満員電車と出社やるんだろうか?
https://news.yahoo.co.jp/…/e16e5792965b8f0966dcf69ebf4a…
そして、サイバーエージェントは、6月1日から通常の出社に戻すようです。
https://ameblo.jp/shibuya/entry-12599389261.html
個人的には、むしろサイバーのような会社がリモートを牽引してほしいとか思いますけど、もし社内で感染者出たらどうするつもりなんだろね?もちろん藤田さんの言う一体感とかわからないでもないんですが(あれだけの大企業になるとしょうがないのかもしれないですが)、全員出社しないと得られない一体感って、信頼関係の無さを証明してしまっているようにもみえます。
で、サイバーは週1回リモート日(月曜日)にするそう。これ、私は逆がいいと思う。1日出社。あとはリモート。そっちの方がいいと思うんだけどな。GMOはずっとリモートワークを続けそうな予感。まあ、サイバーは成果主義、個人主義よりもチームワーク重視ということなので、そういうことなんでしょう。藤田さん好きですけど、この部分に関しては、ちょっと昭和の価値観引きずっている感を受けます。会わなければ、チームワーク生まれない的な。例えば、家族って多少会わなくても信頼関係が損なわれることってないでしょ?基本的に。そういうことなんじゃないかと考えてます。
もっとも、出社再開を待ちわびている人たちもいるから、まあ基本的にはそれぞれの会社が好きにしたら、ってことなんですが、もう出社はエンタテイメントですね。。通勤の強制は、社員の時間を奪っていることに気づかなければ。まあ、うちもコロナ禍が始まってからのテレワークなので、なんとも言えない部分はあるのですけど、本当は前々から検討してたんだぜ←いいわけっぽい
あ、いまGMOの熊谷さんのTwitterみたら、出社する前提で動いてるな。まあ、オフィスの増床はしないとは言っているけど…むしろ縮小するくらい言ってほしかったかな。


なんかさ、もちろん感染防止の意味もあってのテレワークなんだけど、本質はよりより働き方とよりよい生き方だと思うんだよね。出社をどうしてもしたい!という人はすればいいんだけど、したくない人に強制するのはやっぱり時間泥棒だと思うわけで。まあ、本来的にはそもそも会社として「テレワーク派」なのか「出社派」なのか「選択派」なのか決めて、それぞれ社員が選べばいいんだけど、今回は突然始まっちゃったから、いずれかの強制しかなかった。
どちらにしても、ここで働き方についてどう判断するかは、今後の分水嶺です。何度も言ってますが、私は元の世界に戻る気はないので、パワーコンテンツジャパン株式会社はコロナリスクがなくなっても(いまはまだリスクあると考えてます)、テレワーク選択制を採ります。非常な合理理主義とは違うの。よりよい働き方、生き方を考えた上での効率化。そして、それ以上にゆとりが生まれるという考え方です。
あー首痛い。

では、仕事に戻りまーす。
首痛い割には結構書いたな。。。
※よこすかせんせいに励ましの言葉を送ろう!←

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)