(2020年6月4日投稿記事)

【Think more.】広告出稿開始当日にコンバージョンした話。☆☆☆☆☆

昨日は元THE BOOMのベーシスト山川浩正さんとYouTube動画の収録を行っておりました。ベース1本でアレンジをしまくる山川さんに脱帽です。まあ、最近私はよく帽子かぶってますけど←
さて、LEGALBACKS&LEGALMAGICが静かに忙しく動きはじめてます。正式にアナウンスしますけど、LEGALBACKSでも私へのZoom相談を会費内で開放することにしました。私でも高金へでも、月1回(20分)のZoom相談を可能にします。月1回のみね。L2は回数制限つけないで開放します。まあ正式にはまた通知しますが、会員でいちはやく相談したいという場合には、DMください。
目下相談の目玉はTeachableとリスティング広告(とLP)。Teachableはまだこれからですが、飛びつく人はもう飛びついてます。がおー。で、リスティング広告なんですけど、問題はLPよLP。自称日本トップクラスのLPライターである横須賀輝尚によれば、広告が良くてもLPがダメならやはり成約しないんです。で、「添削」がなかなかしんどい。LEGALBACKSでは何度でも添削受けられるんですが、添削から成約率の高いLPに昇華させることは本当に難しい。でも、別の言い方をすれば、LPさえ書ければ勝てるってことでもあります。
最近の事例で、リスティング広告出稿当日からコンバージョンした例があります。当日よ?しかも超激戦区の行政書士の建設業許可というジャンルで。1日に何万も使ったわけじゃなく、1000円単位。1週間で3件コンバージョンして、1件成約。こういうことも「文章技術」があれば可能です。
「文章技術」というと文章力のように聞こえますが、実際のところLPの執筆技術というのは競合調査力であり、コンセプト(他事務所との差別化みたいなもの)発案能力です。他社から選ばれるコンセプト(特長)があれば、勝てます。正直、建設業許可はめちゃくちゃ強い競合(強豪)がいるんですけど、それでも勝ってます。しかも資金力じゃなくて。そういうLPをつくれば、勝てます。
ちなみにこの事例は、私が原稿を書き、道岡がデザインし、高金が広告出稿してます。修哲トリオと呼んでください←で、「特長」がないと嘆く人もいますが、競合他社の中から選ばれる「ポイント」を見つけるだけで、実績の豊富さは実はあんまり関係ありません。今回も10年以上のベテラン、10倍以上の実績のあるところに勝っているので。要は、選ばれるポイントを考えるってことですThink more.
じゃあ、具体的にどうすりゃいいの?っていうことを、6月8日(月)14:00-からオンラインセミナーで高金大輝が解説します。LEGALBACKSです。以上、壮大なステマでしたが、重要な点は全部書いているからいいでしょ🥺受講したい場合はDMください。単発受講もできます。
*LEGALBACKSオンラインセミナー(会員限定)
・配信日:6月8日(月)14:00-15:00
・テーマ:コロナ禍のリスティング広告とこれからのネット広告の見通し
・講師:高金大輝(パワーコンテンツジャパン株式会社)
・内容:コロナ禍のリスティングの現状/取れる実務、取れない実務/現在のリスティング広告平均費用/リスティング広告で成功するメンタリティ/ほか
というわけで、ベース演奏収録の間に、社員から25個もタスクを増やされていたので、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)