(2020年6月11日投稿記事)

【Think more.】景気回復の兆し?☆☆☆☆★

最近毎日マスク(洗って何度でも使える)をなくしている横須賀輝尚です。どこで落とすんだろうか…本当にわかりません←
さて、そういうわけで今日はLEGALBACKSのオンラインセミナーです。インタビュー相手は社労士の若林忠旨さん。
・配信日:6月11日(木)14:00-15:00
・テーマ:士業トップランナーインタビュー
・講師:若林忠旨氏(社会保険労務士)
・内容:コロナ禍で起きている社会保険労務士の現場/このコロナ禍に売上を伸ばす方法/取り組んでいるネットマーケティング/コロナ禍でも高額報酬の顧問を取り続ける方法/ほか
LEGALBACKS史上でもトップ3%に入る成功者です。受講したい人はDMください。コロナ禍とか関係ないですね、本当。リスティング広告の実際とか、いま企業から社労士にどんなことを求められているのかわかります。
そうだ、明日は小堺さんとの配信もあります。コロナ融資の第一次総括ってことで、士業必須です。
・配信日:6月12日(金)14:00-15:00
・テーマ:高難度資金調達コンサルタント養成講座プロ編 コロナ融資第一次総括〜現場で起きた融資事例〜
・講師:小堺桂悦郎×横須賀輝尚
こちらも受講したい場合はDMください。さてステマはこんなところで。
わかりやすい景気の話をしよう。実体験。たぶん、世の中の経済は動き出した。感染リスクよりも経済を選択したかたちになっていて、それが如実にあらわれてます。私の根拠は、TPM。TOKYO PRO Market(※)です。私の唯一の行政書士業務です(苦笑)。
※知らない人は調べてください
以前にちょっとこの四谷会議でも書いてましたけど、昨年は秋口から毎週のようにTPM上場のため、企業をアテンドしてました。フィリップにほぼ毎週。その中で何社かはフィリップ証券と正式契約を結ぶところまでいったんですけど、まあ見事にわかりやすく、今年の2月からは問い合わせ0件でした。まあ、こんな時期にあえてTPM上場を目指すなんて、正直お金と労力が見合いません。単純にコロナ禍で業績悪化して、断念した企業もあったことでしょう。
ところが、6月に入ってからまたTPM上場についての問い合わせが復活してます。つまり、自粛解除とともに「イケる」と判断し始めたのでしょうね、経営者が。もう6月に入ってから3社(私が確認したものだけでも)。フィリップに流してます。上場する企業の数は、景気を見事に表しますからね。そういうわけで、今後はもっと増えるでしょう。ただし、世の中がすべて好景気に向かうわけじゃないです。
もちろん、ある程度は戻りますけど、私を含めた一部の人が、新しい生活様式で生活しようとしてます。だから、きれいに元通りにはならないので、時間がかかります。結局のところ「回復に長期かかる」というより「新しい生活に慣れるまで長期かかる」ってことなんでしょうね。
そういうわけで、世の中の経済は戻り始めてます。新しいかたちで。今日も私はTeachableをいじりながら、新しいかたちを探します。ごめんなさい、ちょっと中途半端な投稿でしたかね。まだMacBook Proのキーボードに慣れてなくてタイピングが苦痛なのです。キーボード感覚せまーい。
では、仕事に戻りまーす。
追伸
昨日はGmailの復旧にほとんど時間かけていたのは秘密。うちのメールホスティング、ちょっと特殊なんですよね。。直ってよかった。。。
https://qiita.com/kenji0302/items/7d3a9b351d9bb9ea5967

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)