(2020年6月16日投稿記事)

【Think more.】範馬刃牙復活!☆☆☆☆★

抗生物質が効いてきてやっと普通くらいの状況になりました。あと1日くらいで「範馬刃牙復活!」「あー試合してぇ」くらいの感じで復活すると思います。それにしても医者が出す薬と市販薬の効果は違うな…何度そう体験しても時間が経てばこんなもんよ←
さて、東京都では感染者数がまた増えてます。
https://news.livedoor.com/article/detail/18421820/
簡単にこの中身を解説すると(私の予想も含めて)、まず小池さんは都知事選まで感染者数を増やしたくありません。当たり前ですが、感染者が少なければ少ないほど、再選の可能性は高まります。だから、「夜の街」締め出し宣言を続けます。一方で、「夜の街」を締め出されたら経済的に困るところもあります。そのひとつが新宿区。歌舞伎町ですね。人によって新宿のイメージは様々だと思いますが、区役所が歌舞伎町にあるくらいです。そのくらい夜の街でもあるのが新宿区です。今回はこの新宿区が検査を行っています。
小池さんが「積極的に検査をした結果」と言ってましたが、これまでの検査は「感染に疑いのある症状のある人」を検査していたのに対し、新宿区は店舗でひとりでも感染者が出たら全員を検査という方式を取りました。これを「積極的に検査」した結果と言っていることになります。新宿区としては、小池さんに「夜の街大丈夫」と言ってもらえなければ、自ら検査し、その感染性の低さをアピールしなければなりません。なので、東京都VS新宿区という構図なんです。だから、一概に増えているからどうだということも言えないので、変わらず様子見ながらやっていくのみ、です。
ちなみに小池さんは、会見でしっかり「新宿区がやった検査」と言ってます。おそらく再選までは揺るがないでしょう。候補者も増えてきたので、ほぼ小池さん再選で確定だと思いますが…小池さんは風を読むというか、時流に乗るのは非常に上手いです。強権を振るうのも得意です。ただ、平常時に何しているのかはちょっとわからないという評価もされてます。今回のコロナ禍、例えば「ロックダウン」という言葉をいきなり持ち出して恐怖を煽り、感染拡大を止めた功績は、小池さんにあると思います。あれでただ事じゃないってことは全国に伝わりました。だからやっぱり得意な場があるんじゃないかと思います、人それぞれ。
さて、今日の私にはこのくらいが限界です(苦笑)。身体も本調子でないので、頭はまだうねうねしてます。今後のオンラインセミナーの予定でお茶を濁します。新しいです。
6月後半は、お知らせした内容と変わらないです。
7月。MAGICで高難度離婚講座の残り2回。高難度「家族信託」基礎が1回配信であります。どちらも菰田弁護士が講師。LEGALBACKSでは私のテレワークをテーマにしたセミナーが1回。それ以外は現在検討中。
8月。高難度「家族信託」と、高難度労務「ユニオン対応」をやります。家族信託は菰田さん。ユニオンは若林社労士にお願いします。
それぞれ、L2は変わらず小堺さんとお届けして参りますが、そろそろ特別ゲストも考えてます。ほかじゃ絶対聞けないような。どうしても私好みになればなるほど、現実的にある目先の仕事や小手先の営業から離れていってしまうので、テーマ及び人選に悩むところですが、いま必要な情報をお届けできるように、がんばります。まあ、例えばL2で特別ゲストが紹介され、それが自分にとってまったく知らない人で、まったく興味がわかない内容だったとしても、横須賀から企画趣旨をきっちり聞けば、それが必要だってことはわかるとは思うんですけど。
では、仕事か病院のどちらかに戻りまーす。
https://news.livedoor.com/article/detail/18421820/

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)