(2020年6月19日投稿記事)

【Think more.】マネタイズポイントをズラす。☆☆☆☆☆

昨日、久しぶりに一圓さんとYouTube動画をZoomで収録した横須賀輝尚です。昨日はネット環境がひどかった。。。音ズレの訪れがあり、収録中の9割は謝罪でした。最近謝罪ばかりです← 一圓さんとのYouTubeは、一番おもしろくて楽しみなんですが、こういう状況下ではなかなか会って収録できず、いったんお休み…ということでお休み回を撮ろうということで収録したんですが、最終的に「たまにこんな感じで撮りましょう」ってことになりました。アレ?←
さて、そんな一圓さんはハエギワよりも旅動画、私は稼げる資格学よりもBassチャンネルの方にそれぞれ可能性を感じております笑 稼げる資格学はそのうちもっとやるよ!始めたときにコロナ禍になってしまったので、残る情報コンテンツと求められる情報コンテンツの間で更新を止めていただけです。そのうち再開します。
一圓さんもおっしゃってましたが、「楽しい」と思えることをやるってことですね。とりあえずこないだの生配信LIVEは絶対リベンジしたいですと山川浩正さんに伝えました。絶対やる。ちなみに、収録の最後でいろいろぶちまけました笑 コロナ禍で頭に来たことがあって、それをつらつら。そのまま公開します、たぶん。
で、山川さんの方は近々クラファンをスタートさせます。音楽そのものでマネタイズするのは、いよいよ厳しい時代になりました。
観客はわずか10人、1公演30分――日本最速レベルで「有観客ライブ」再開に臨んだ、地方アイドルの葛藤【#コロナとどう暮らす】
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6362894
180人の箱に10人だそうです。なかなか厳しい。。。まあ、逆に話題作りになります、当初は。でも、この先は厳しいだろう。。こそっと満席にしちゃうライブハウスとかも出てしまうと思いますけど、クラスター起こせばそれまでですからね。で、山川さんとかもツイキャスとかで有料配信をしてますが、ここだけの話、そんなに集まるわけでもない。でも、場所代など費用はかかる。セミナーで稼ぐのと構造が似ています。
コミュニティが作られていれば、有料配信なんかも可能です。有料セミナーも。でも、できてなければまずは人を集めなければなりません。そのときの「有料」は結構きつい。無名の士業・コンサルタントが有料Zoomセミナーを開催して、集客できるか…?ってことです。であれば、無料で人を集めて、別のところでマネタイズする。そういう発想が必要になります。なので、今回は山川さんのYouTubeは当然無料。生配信も無料。人を集める。で、お金にするのは「スタジオ見学権」や「あなただけのネット配信LIVE」などです。YouTubeに、音楽にお金を払うのではなく、体験にお金を払ってもらいます。これは士業のコンテンツモデルにも似たようなことがいえます。
Teachableで有料サブスクモデルの実現は可能ですが、なにも必ずしも有料にしなければならないってことではありません。無料で提供して、その先にコンサルとか研修とかそういうバックエンドがあれば、無料で提供しても構わないわけで。そうやってお金を落としてもらうところをズラすって発想、これから重要になります。例えば、いま山川さんが配信LIVE1回で10万円稼ぐのは結構難しいです。ひとり2,000円とかなので。でも、クラファンならいけると考えてます。やってみないとわからないですけど。
だから、もしあなたがサブスクモデルをつくりたいと考えているなら、どのポイントでマネタイズするかってことを考えた方がよいです。自分の客層が、毎月課金してくれるのか?学習する層なのか、とかも踏まえて。いまもなお、会員とこのモデル構築中です。はやく実現したいな。
では、体調も戻りましたので、仕事にも戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)