(2020年7月11日投稿記事)

【Think more.】「令和2年7月豪雨」の重要性 ☆☆☆☆☆

まだ足が痛い横須賀輝尚です←
それにしても昨日の小堺先生のオンラインセミナーは圧巻でした。このニュースとかも何も事情を知らないと「悠長に命名してんじゃねえよ」ってポエムるだけですが、資金調達上はこの命名、極めて重要です。
「令和2年7月豪雨」と命名 今後も大雨に警戒
https://news.livedoor.com/article/detail/18546846/
災害の場合、何を準備して金融機関にいけばいいのか?パソコンも破壊され、決算書も水に流され…の状況で、金融機関に提出するもの(というか、記録しておくもの)は、9つくらいあったかな。すべてなくなってしまっても、写真1枚、メモ1枚で融資受けられるっていうんですから、これは士業として知らないのはアウトでしょう。さすが小堺先生としか言えません。マジで。
※単発受講希望者はDMください

こうやって本来、世の中で起こっていることに対して、小堺先生から日々学んでいくってことが重要なんでしょうけど、やっぱり学ぶっていいなあと思います。オンラインセミナーという性質上、私も強制的に全部視聴することになるので、私が一番成長させてもらっているのかも。
さて、しばらくは新刊のための創作活動に入ります。新しく本をつくるときは、少し仕事の波長が変わります。通常運転の場合は、タスク単位、時間単位で仕事することが多いですが、執筆の場合はコンテンツ単位になるので、それこそ時間概念をあまり考えず、「つくる」ってことに時間をつかいます。だから、よそから見ていたら仕事していないって感じがすると思いますが、いろいろ考えてます。それでも、誰よりも仕事していると思いますけど。
コロナ禍の上に豪雨災害まで出ている状況。士業としては、とにかくお金、資金調達をきっちりやってあげることが重要です。そういうわけで、がんばりましょ。
では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)