(2020年8月6日投稿記事)

【Think more.】ユニオン対応セミナー開催。☆☆☆☆☆

本日は社労士の若林忠旨さんとオンラインセミナー行います。高難度労務「ユニオン対応」です。単発受講もできますので、希望者はDMください。
そういうわけで、ひとり勝ちできる社労士のジャンルのひとつ「ユニオン対応」です。多くの社労士が嫌がる仕事。弁護士も得意な人いない。そんな中で若林さんは対応可能なので、ここから高難度業務&高額報酬の仕事が集まってくるという状況を生み出してます。雇い止め、退職勧奨、解雇が増える中、とーぜんユニオンも忙しくなりますので、引き合いは多いでしょう、これから。
解雇や雇い止め、製造業が最多7千人に 宿泊業を抜く
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6367571
結局のところ、テクニック的なもので業務を取るって考えは早くリリースすべきです。私が開業した2003年頃は、それこそ手法の話ばかりでした。SEOが良いとか、PPCが良いとか、セミナーがどうだとか。マーケティング的なブルーオーシャンを探していた感じですかね。メルマガはまだ誰もやってない…だからやるーみたいな(丸山さんとかやってたけど)。で、徐々にそれと合わさって価格競争になり、苦しくなってきて。
で、さらに平行して起きていたのが、「社会で起こる問題の複雑化」です。情報が多いんでね、いろんな、これまでに遭ったことのない問題と遭遇する。メンタルヘルス対策なんて良い例。これまでなかった問題が、問題になる。だから、単純な手続きは安く。難しい業務は高額報酬へ。そういう流れになりました。
なんとなーく仕事(定型業務)が取れてしまっていて、かつUSP的なものがない事務所。まあ、ある程度は持ちますが、きっと比較されながらの経営になります。どこかでやはり自分の武器を持たないと。それは勉強であり、研究であり、ってことで、絶対に負けない分野を身に着けたいものです。ユニオンは対応はその一例。がんばりましょ。
では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)