(2020年8月19日投稿記事)

【Think more.】未完成原稿公開 ☆☆☆☆☆

相変わらず無茶苦茶なスケジュールで原稿を執筆しだした横須賀輝尚です← ゆとりある創作生活ってなにそれ美味しいの?
今日は手抜きじゃないけど、第1章からちょっとだけ原稿抜粋。完全原稿じゃないです。もしかしたら消すかもしれない原稿。今回はですます調です。久しぶり過ぎてどう書いていいかわからなかったですけど、少しカンを取り戻してきたゾ←昭和
さて、いつまでに書きあげましょうかね…そのほか、「経営者にこんなこと伝えてください!」みたいなメッセージがあったら、コメントに書くかDMください。士業の心の声も代弁しようかと思っているので。
以下、未完成原稿の抜粋です。感想もぜひー(これだけで感想って言われても困るでしょうけど)
・私がコロナ禍でブチ切れた話
「コロナ禍の影響で、資金繰りがとうとうヤバい」
「もらえると聞いた助成金が一向に入ってこない」
「人件費を支払いたいが、資金が足りない」
「解雇しないと会社が持たないが、解雇用件を満たせない」
「コロナ禍でテレワークにしたのだけど、労務管理ができない」
「正直言って、このままだと倒産してしまうかもしれない」
コロナ禍で世界中が揺れていた2020年6月27日。私は友人の紹介で、どうしても、どうしても経営の相談に乗ってほしいという経営者の経営相談に対応していました。経営コンサルティングは私の仕事のひとつですが、普段は士業専門のコンサルタントだし、それにまだまだコロナ禍の影響はありましたし、本音を言えばできるだけ人に会いたくない。でも、友人の紹介というのがまた曲者で、義理堅い私は完全防備で都内某所へ。そこで社長から頂いた相談が、前掲のようなものでした。もう切羽詰まっているのか、私の質問を聞く前に早口でまくし立てるまくし立てる。
冒頭3分。これはだいぶヤバい状況の相談を受けてしまったと自分の性格を後悔しつつも、ひとつひとつの問題を解決するため、ヒアリングを実施。ふむふむ、なるほど。会社の状況はなんとなく理解できた。でも、もう6月も終わるし、本当にコロナ禍の影響で経営が傾いたはずなら、3月、4月、5月、6月と約4ヶ月間にやれることはもっとあったはず。なぜ、ここまでひどいことに…?と、そこで言いたいことが全部言えたのか、私からある質問をしました。
その回答に、私はブチ切れ。とっさに言っちゃいました。
「そんな税理士と社労士、即刻クビにしてください。」と。
以下私の頭の中へと続く。
では、仕事に戻りまーす。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200818/k10012572621000.html
ってことは、東京はもっと重症者いますよね。。まだまだ自衛は必要かなーと思います。変わらず、自衛して持ち場でやれることをやる。私は原稿を書く。それだけ。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)