(2020年9月11日投稿記事)

【Think more.】直しナシだぜ

新刊の原稿の打ち合わせで、「原稿の直しナシ」と言われた横須賀輝尚です。初めて作家っぽく扱われて草なんですが、ありがたいことです。作家と著者の違いって、わかります?
さて、これまで20冊以上の書籍を執筆してきましたが、打ち合わせというのは執筆前に行うことがあっても、執筆後とか執筆途中で行われることはあんまりなかったんですこれまで。事前に入念に打ち合わせして、原稿について詰めて、で、サンプル原稿を書いて、1章分送って、オッケーならあとは私任せで、ゲラのチェックとかももう会わずにデータのやりとりだけで最後まで入校って感じなものなのですが、今回は原稿が全部上がった段階で「打ち合わせしましょう」と言われ、あれ?もしかして人生初の「ボツ」ってやつ?と思いましたが、ぜんぜん違いました←まあ、ボツになるとは微塵も思ってなかったですけど。
士業の選び方的な本は、これまでにも存在します。小堺先生も税理士の選び方出されてますし、決してめちゃ新しい本ではない。ただ、これまでの本は同社叩きや「損をしない方法」的なニュアンスが強く、あくまでも「予防」「保険」みたいな意味合いのものが多く、マイナスをゼロにするコンセプトが多かった気がします。そこで、今回はポジティブに「士業を使うと儲かるぜ!」みたいな前向きなメッセージにしようということでまとまりつつあります。
まあとりあえず、原稿直しないってことでほっとしました。たぶん細かい点は直してくれると思いますが、著者として「直しないです」と言われるのはやっぱり嬉しいもんです。98000文字、ほぼ無傷で通ったってことですから。というか、ほかの著者の人って直しとかしているんですかね?私、ほとんど直し入ったことがないので、「ボツ!」とかのシーンってビジネス書もあるんだろうか。謎です。
では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)