(2020年9月23日投稿記事)

【Think more.】あと80万部

今年ほどあっという間に過ぎた年はないように思えます横須賀輝尚です。もうあと3ヶ月ちょいで今年終わりなんだぜ。今年の漢字は「染」か。何事にも染まり染まらなかった年です。安直。
さて、新刊のゲラが届きました。今回、なんと図版なし!(笑)。もともと、私は文章の中で(図③参照)とか書いてあって、ページを前後しなければならないのがあまり好きではなく、今回の編集者も好きではなかったので、よし、やめてしまおう!(笑)みたいな勢いです。図版なしで240ページだから、スカスカの400ページよりも情報量濃ゆいです。だいぶ派手に書いているので、名誉毀損や侮辱にならないか、菰田弁護士にチェックしてもらってます。
それにしても、図版なしってのは驚いたな。昔は文章を削ぎ落として図版多めで、読みやすいように…というのが鉄則で、結構ゆるく書いたもんですけど(自分の本は違う)、かなりエネルギーが凝縮された1冊となりそうです。もともと、原稿書ききったあと、図版のこと考えるの結構面倒で…私としては、原稿書きお終わったあとは、結構「仕事終わった感」があるので、初校も二校もあんまり赤字入れません。リズムが変なところを直すくらいです。なので、今回の図版なしはすごい助かる(って言っていいのかどうか)。それだけ、原稿そのものを評価してもらえたってことかな。読み直してみると、直しもほとんど入ってないので、まんま私の原稿です。
で、この原稿というか書籍には新しい試みみたいなみのがあって、この本を読んだ経営者はこのプロ士業に依頼したいだろう、ということで、プロ士業一覧みたいなサイトをつくることになりました。あんまり営業めいたことは書籍でするもんじゃないって声が出版業界には多いのですが、依頼したい読者が多数出るだろうということで、LEGALMAGICあたりで掲載士業を募集するつもりです。ただし、誰でも掲載ってわかにはいかないので、一芸に秀でた人でないと載せられないと思います。あしからず。
今回の出版社は、良い意味で昔っぽいやり方で進めてくれて、なんだか懐かしい。昔はゲラっていって初校をA3サイズで印刷し、それを宅急便で届けてくれたものですが、徐々にコストカット(まあ、当たり前だけど)のためPDFでゲラを送るっていうのが普通になってきたのですが、今回はゲラが紙で届きました。
で、今回の書籍は本当に色々な方にご協力いただいた上で完成しています(まだだけど)。士業の本質的な営業ツールになると考えて書きましたので、批判も非難も出るでしょうけど、長期的にみれば士業のための本になると思います。

何度もご紹介させていただきましたけど、小堺先生の書籍も参考にさせていただきました。小堺先生を超える著者になるまで、あとたったの80万部です(まあ、本当はもっとあるけど)。100万部の壁が分厚すぎて向こう側が見えません← 20万部もそこそこの著者なんですけど、小堺先生の前では霞みます。1冊1万部であと80冊書けば超える計算です。えっと、1年に1冊書いてあと80年か。おや?
では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)