(2020年10月13日投稿記事)

【Think more.】もったいないよ、って言われるだろうけど

あんまり具体的なことは書けないんですけど、新刊「プロ士業」Amazonに結構予約が入っているみたいです(ありがとうございます)。期待しちゃダメだ期待しちゃダメだ期待しちゃダメだ…となるべく日和るようにしていますが、こういうのって物欲センサーみたいなもので、逆鱗がほしいと思えば思うほど出ないってやつです←
さて、自分のYouTubeチャンネルですが、「稼げる資格学」やめました笑 まあ、士業だけにくくるとネタも尽きるし、もう10年以上話してきたことなので、自分で飽きます(苦笑)。そこで、士業も含めたフリーランス向けのチャンネルってことにして、自由に言いたい放題話そうと思います。勝手にメンターみたいなことを言うチャンネルにします。反論は求めません←
https://www.youtube.com/watch?v=iRHO9d3WmfAプレビュー
ようやくFacebookLIVEもYouTubeLIVEも多少コメント・チャットが入るようになり(それでもたぶん少ない方なんだろうけど)、生配信ぽくなってきました。まあ、個人的にはもはやどっちでもいいんですが(本当はコメントついた方が嬉しい)、基本スタンスとしては、「信じてくれる人」に向けて真面目に毒吐く予定です。
先日の生配信のYouTubeLIVEでチャットいただきましたが、「定義が重要」って話です。多様化と言われる中で、絶対的価値観という存在がなくなってきてます。昭和でいえば「良い学校に入って、良い会社に入る」がある種の絶対的価値観でした。フリーターなんかになった日にゃ、家族親戚一同から殺されかねないみたいな空気があって、それは当時の絶対的価値観でした。
ところが、ネットが普及してから、価値観というのはどんどん相対化していきました。Aが良いという意見があれば、Aは良くないという意見があり、BもいいんじゃないかC案もあるべよでもそのB案C案も怪しいところがあるかもしんないみたいな、総相対価値観。これが多様化の招待だと思ってます。全部正義。全部悪。
だから、フリーターも正義。会社勤めも正義。起業も正義。自己破産も正義。こういうこと。固定化された成功も豊かさももはやこの世にはないわけです。まあ、資格も相対化されてきた価値のひとつですけど。そうなると、結局のところ「個」による定義が重要になってきます。あんたの成功は、あんたが決めるんだぜってことです。
例えば、私が会社経営に疲れて、一般企業に就職したとしましょう(※色々な理由で絶対無理ですけど)。おそらく、多くの人が「もったいない」「そんな場所では輝けない」「経営者の方が向いている」って言うでしょう。でも、私の成功の定義がサラリーマンになってしまったら、それはそれで私の絶対的価値なわけです。定義しちゃったらね。だから、自分という「個」で自分の価値を定義することが重要なわけ。
言い換えると、多様化(=価値総相対化)の時代は、自分を決められる強い「個」が必要ってことなの。自分の人生に何を求めるのか?自分の人生における成功の定義とは何なのか?それを自分で定義することがスタートラインです。これがないということは、スタートラインにすら立っていないわけですね。
私は表現者。仕事は自己表現の手段です。新しいコンセプトを生むのが私の成功の定義。それは量でもなく高さでもなく、代替性のない何かを創り出すこと。このあたりが自分の定義だから、売上・拡大にそこまで執着しないんでしょうね。誰になんと言われようとも、自分が良ければそれでいいんです。細かいこと言うと切りないのでこのくらいにしますけど。
答えはないよ。
自分で考えよう。
では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)