(2020年4月28日投稿記事)

【Think more.】小堺先生と生配信終了!☆☆☆☆☆

昨日は19:00から小堺先生とコロナ融資オンラインセミナーを実施しました。Zoom生配信とかオンラインセミナーとか表現が一致しませんが、そのうち統一します。
*Zoon生配信セミナー
・4月27日(月)19:00-20:00(録画済み)
・講師:小堺桂悦郎×横須賀輝尚
・テーマ:本格稼働するコロナ融資のため、いまやっておきたいこと
・現在のコロナ融資の状況とは?
・4月中に絶対に取り組んでおきたいこととは?
・コロナ禍でも、社長本人に資金繰り表等を「書かせる」理由とは?
・コロナ融資でミラクルが起きた事例
・融資申し込み額の妥当性とは?
・3ヶ月後の資金繰りの考え方

・チャットによる質問受付と回答
(質問例)
・認定書は保証協会、公庫ともに借り入れする際は必要か?
・公庫が制度に積極的な理由は?
・オンライン受付時に資料を添付すべきか?面談時に持参が良いか?
・コロナ融資が一度NG結果でも、再申し込みはありか?
・個人事業主がコロナ融資を受ける場合の注意点
・新規開業者はコロナ融資でいくのか?創業融資でいくのか?
・納税を分納している場合に、コロナ融資はどうなるのか?
・すでにある借入金返済分まで借りることができるか?
などなど、お腹いっぱいの内容でした。1時間強でこれだけ詰め込められる小堺先生がさすがです。L2会員は後日動画で視聴することが可能です(ちょっと待ってね)。単発で動画受講したい場合はDMください。
さて、世の中はウィズコロナに向けて走り始めてますが、そろそろ感染対策=人命と経済の天秤を判断しなければならない状況になりつつあります。トランプさんもさすがにしびれ切らしていると思う。
https://news.livedoor.com/article/detail/18180432/
海外の場合と日本の場合を一概には比べられないんですが、自粛+保障をセットできちんとやるか、経済に舵を切らないと、失業者だらけになることは明白で、まあこのあたりは私が語らなくてもいいか。いま、teachableで頭いっぱいだし。
ようやくteachableのインターフェースを理解し、日本語化も7割は達成。そしてstripeとの連携も終え、ようやくteachableでサービスを提供できる状況が整ってきました。この苦労誰か共感するか労って🥺
LP+リスティング広告は鉄板ですが、このコロナ禍で競争はさらに激化します。そうなれば実力で差別化するか、文章表現で差別化するしかありません。もしくは、「コンテンツ」。独自コンテンツつくれる人、持っている人は強いです。そしてそれをプロモーションする力があれば最高なのですが、とりあえずteachableの解説動画はいまは売れると思うよ笑
あとはいくつかテストしてみて、大丈夫そうならバックナンバーからオンライン講座をリリースしてみます。実力を磨いて、コンテンツを磨いて。なんだ、こんなの15年以上前からやってきたことじゃないか。やっぱり原点に帰る、それだけなんだなとか思う昨日今日明日この頃です。
では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)