note100日間(2019年5月23日投稿記事)

【Think more.】

note開設して100日が経ちました。なんとなく一圓さんの動画スタート時期と似ていて、「よっしゃ!やるで!」と決めた時期が近いのに面白いもんだなと感じている横須賀輝尚です。やるで、とは言いませんけど。😂

そんなnoteの経過です。

2月1日からnoteを開始し、100日。31607ビュー、コメント0😂、スキ740という結果です。「負け弁」の有料記事がいくつか売れましたかね。圧倒的にアクセスが多かったのは、全文無料公開です。すげー。

天則とおかぼくの原稿を無料公開しているんですが、圧倒的にこの記事のアクセスが多く、「買うかどうかは悩むけど、無料なら読む」層が多く、買えよお前ら!という心の声はしまっておいて、これはある意味私の予想どおり。でも、いまから無料公開しても、アクセスを集められるかどうかはわかりません。これは、いまの「横須賀輝尚」だから当てはまると考えられた仮説から来ているものです。

直で最近(つってもここ3-5年)私と話す機会があった人は聞いたと思うんですけど、コンサルタントの賞味期限というのを考えてまして、別の言い方でいうとコンサルタント10年説というのがあるんです、私には。

コンサルタントの全盛期は、世の中に出てから4、5年がピーク。あとは新しい人も出てくるし、何よりコンサルタント自身の新鮮さがなくなります。まあ、平たくいえば「飽きられる」ってことです。

例えば、このサロンメンバーでも、「かつては横須賀輝尚の本を買って読んでいたけど、最近のは読んでない」って人いるでしょう?いいから買えよ!なんて本音は心の中にしまっておきますけど😂、実際はこうなると思います。ふつう。

例えば、知り合いでもなんでもないですが、神田昌典さんとかもいまも新刊を出されていますが、率先して多くの人が買うかというと、おそらくすぐに飛びつくのは古参のファンだけだと思います。横須賀輝尚の本も、神田さんとは規模が違いますが、似たような現象は起きています。

面白いのが、「いまの方が過去に本を書いた時点よりも実力が高く、レベルの高い原稿を書いていたりするのに、過去の本の方が評価される」ということです。ミュージシャンでも、やっぱりブルーハーツは初期のアルバム3枚目までだよねとか言われても、演奏技術なんてのは最近の方が高いわけです。でしょ?

コンサルタントの賞味期限が切れ、魅力がなくなることにはいくつも理由があります。方向性がおかしくなるとか、現場に出てこなくなるとか。まあ、私のことだ😂 笑

最初はマジメに毎日ブログを書き、王道のセミナーをし、現場でコンサルティングをする…でも、ビジネスがうまくなると、そんなことしなくても成立してしまうので、表に出なくなる。書籍も、文章力は上がっているんだけど、うますぎてひたむきさや荒削りの情熱が見えなくなる。

ブログ営業術の文章なんて、ひどいもので、世の中に出回っているブログ営業術をすべて回収して焼却処分したいくらいのレベルですが、まだあの本を抜けるヒット作は出せていないわけで(まあ、出版不況とか電子書籍の影響とかあるけど)、そういうところなんだと思います。

なので、noteを始めTwitterなんかも再開したわけです。汗をかくで!と。かくで、とは言いませんけど。なので、長くなりましたけど、私の本は「いま、全文無料公開」が合っているということです。そうでしょ?

では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。四谷会議は横須賀輝尚が考えていることの公開と実践と結果、検証、問題勃発などを一番近くで見られるところです。リアルタイムの舞台裏とでもいいましょうか。そのうえで考える力を身に付けてもらえるよう、毎日記事を投稿しています。コンセプトはGet “Think more.”です。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2019年11月現在、350名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)