(2020年12月28日投稿記事)

【Think more.】D’où venons-nous ? Que sommes-nous ? Où allons-nous ?

公式には2020年の四谷会議の投稿はこれで最後になります。今年もよく書いたわ、本当に。まさか天才か…←
さて、2020年はとんでもない年になりました。今年の始めは「未来予測」っていうテーマで講座とかしようと思っていたんですが、このコロナの未来はまったく予測できませんでした笑 そりゃそーだ。
今年2月下旬。「これは想像を遥かに超えてマズいことになる」と判断(実際は1月からSARSよりはひどくなると予測していた後付みたいだけど)。3月から自社は早々にテレワークに切り替え、すべてのセミナー事業を凍結。この時点で失うことが予測できた売上は1000万円以上。でも、ずっと伝えていたのが「内外の評価」。社内(社員とその家族)からの評価、社外(顧客、取引先)からの評価が問われることになる。だから、言動には本当に気をつけなければならないとメッセージを出してきました。
BACKSもMAGICも講座系はすべて凍結。オンラインセミナーに切り替え、コンテンツ提供もすべてオンラインにして、紙媒体の取り扱いもすべて凍結。打ち合わせも今年は夏から全部合わせて7件(うち3件は小堺先生、2件は出版)に抑えてあとはすべてZoom面談。ほぼ、完全オンライン化しました。事業としては、受託に舵を切り、LP原稿、LP制作、広告運用などとにかく労働集約型で仕事を確保し、なんとか会社として成立させました。ここまでは自分たちの話。
士業のマーケティング的には、LP+リスティング広告+オンライン商談のかたち、LP+Facebook広告でのオンラインセミナー集客+オンライン面談が確固たるマーケティング手法として確立。実務的にはやはり資金調達、補助金、助成金、そして退職勧奨、解雇を中心とした労務問題の対応が目立ちました。MAGIC、BACKS、L2とも菰田さんや小堺先生のちからを借り、オンライン配信を月2回まで増やし、できるだけ新鮮な情報を、ということでやってきました。この舵切りは間違ってなかったと思います。
あとは偶然幸運の産物としての「プロ士業」出版。たぶん、コロナがなかったら出なかった1冊。発売後1ヶ月を待たずに重版したのも何年振りのことか(笑)。レビューは25個になり、いまも部門10位県内をキープし、ときどき1位に顔を出している。紀伊国屋でも瞬間風速でベスト10位以内に入ったしね。まずまずだったと思う。
なにはともあれ、今年乗り切れたのは社員と会員、そして時折読んでリアクションしてくださるサロンメンバーのおかげです。多謝。
2021年はよりオンラインマーケティングの比重が増えます。コロナの世の中はもう読めません。東京五輪開催すら怪しいです。内外の評価が問われる中、理念を持って正しい道で正しい努力をすること。これ以外ありません。そして、自分の世界観を定義すること。年末年始、のんびり考えてみるのも良いでしょう。
D’où venons-nous ? Que sommes-nous ? Où allons-nous ?
では、仕事に戻りまーす。

*四谷会議:”無料”士業・コンサルタントオンラインサロン(横須賀輝尚主宰)


士業・コンサルタントのための無料オンラインサロン四谷会議です。「四谷会議」は、「新しい法律実務家の世界を創る」をミッションに日々活動し、士業の未来研究を行う横須賀輝尚の企画と頭脳、研究結果を公開し、あなたとともに「もっと考える」を身に付けることを目的としたオンラインサロンです。一般的なオンラインサロンと比べるとコミュニケーション性はやや薄め。基本的には横須賀輝尚が考えていることや継続中のプロジェクトの進行を記事で知ることができ、また企画にも参加ができる思考力を深めるためのオンラインサロンです。コンセプトはGet “Think more.”。Facebookグループアカウントがあれば、すぐに無料で入会できます。

横須賀輝尚公式サイトでは、オンラインサロン「四谷会議」会員限定のFacebookグループにて投稿された横須賀輝尚執筆の記事のバックナンバーを公開しています。Facebookグループで投稿され、半年が経過し、横須賀による非公開指定を除くすべての記事を投稿。最新記事は四谷会議Facebookグループ(会費無料)で読むことができます。

※2020年3月現在、450名以上のサロンメンバーが参加されています。

四谷会議の詳細はこちら

Facebookグループにすぐに参加申請する場合はこちら(無料)